ホーム > 観光・文化・教育 > 文化 > 文化事業 > 「2022(第37回)赤穂市美術展」の開催及び作品公募について

ここから本文です。

更新日:2022年9月15日

「2022(第37回)赤穂市美術展」の開催及び作品公募について

「2022(第37回)赤穂市美術展」作品を募集します。

2022(第37回)赤穂市美術展ポスター

応募規定

部門

日本画・洋画・書・写真・彫塑工芸

規格

日本画・洋画

  • 20~60号以内
  • 額装のこと。(ガラス不可、アクリル可、つりひもをつけること)

  • 仕上がり面積0.91平方メートル以内。ただし、縦横181.8cm以内。
  • 篆刻(てんこく)は、印影のみ、縦39cm、横30cm以内。
  • 作品はすべて枠張、額装のこと。(ガラス不可、アクリル可、つり紐をつけること)
  • 釈文は規定用紙に楷書で記入し、作品搬入時に提出する。釈文は作品の横に掲示します。

写真

  • 白黒、カラー写真とも全紙(額装又はパネル張り)組写真=半切(3枚以内)
  • 組写真は1枚のパネル等に仕立てること。
  • 額装はガラス不可、アクリル可、つり紐をつけること。

彫塑工芸

  • 高さ、幅、奥行きとも2m以内、重さ50kg以内。
  • 破損しやすいもの、手芸に準ずるもの、魚拓、珍木、盆石は除く
  • ちぎり絵・剪画は20~60号以内、額装のこと。(ガラス不可、アクリル可、つり紐をつけること)

※上記の規格に合わない作品は、受付できません。

応募資格

制限なし。(ただし、中学生以下は除く)

2022(第37回)赤穂市美術展作品募集要項(PDF:1,188KB)

(募集要項をお持ちでない方は搬入時に記入してください。印刷される場合はA3サイズで印刷してください)

応募制限

  • 日本画・洋画・書・写真は一人1点。(ただし篆刻は漢字又はかなとの重複可)
  • 彫塑工芸は一人2点以内。

※未発表の作品であること。
※応募規定に違反していることが判明した場合は、入選・入賞を取り消します。

出品料

無料

作品搬入

  • 日時:10月16日(日曜日)午後1時~午後4時
  • 会場:赤穂市文化会館(写真以外)、赤穂市民会館(写真)

作品搬出

受賞・入選作品

  • 日時:10月23日(日曜日)午後4時~午後4時30分
  • 場所:搬入場所に同じ

選外作品

  • 日時:10月21日(金曜日)~10月22日(土曜日)(午前4時~午後5時)
  • 場所:赤穂市民会館(1階第4事務室)

作品保管

作品の保管(作品受付から返却寺まで)については十分注意をしますが、万一損傷、期日が過ぎても引き取りのない場合には、その責任を負いません。

市長賞・議長賞・教育委員会賞・文化協会賞・神戸新聞社賞・赤穂商工会議所賞・赤穂ロータリークラブ賞・赤穂ライオンズクラブ賞・奨励賞・新人賞

審査員

  • 日本画=雲丹亀利彦氏
  • 洋画=金井立氏
  • 書=明石聴濤氏(漢字)、中原朱穂氏(かな)、井谷五雲氏(篆刻)
  • 写真=柳原香氏
  • 彫塑工芸=外礒秀紹氏(彫塑)、山本喜容子氏(工芸)

表彰式

  • 日時:10月23日(日曜日)午後3時
  • 会場:赤穂市文化会館(赤穂化成ハーモニーホール)小ホール

展示期間

  • 10月20日(木曜日)~10月23日(日曜日)午前10時~午後5時(23日は午後4時まで)

展示会場

  • 赤穂市文化会館(日本画・洋画・書・彫塑工芸)
  • 赤穂市立図書館ギャラリー(無鑑査作品)
  • 赤穂市民会館(写真)

問合せ先

赤穂市民会館
電話:0791-43-7450

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課中央公民館

兵庫県赤穂市加里屋中洲3丁目55番地

電話番号:0791-43-7450

ファックス番号:0791-43-8440