ホーム > よくあるご質問 > 戸籍・住民票 > 「戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄・抄本)」等を郵便で取り寄せることができますか?

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

「戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄・抄本)」等を郵便で取り寄せることができますか?

質問

遠方に住んでいます。「戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄・抄本)」等を郵便で取り寄せることができますか?

回答

戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄・抄本)、除籍全部(個人)事項証明書、除籍謄・抄本、原戸籍謄本、身分証明書、独身証明書は、本籍地で発行します。

赤穂市が本籍地で遠方にお住まいの人は、郵便で取り寄せていただけます。

ただし、赤穂市では相続等で戸籍を取得される場合、請求者1人につき1枚の申請書で申請いただいています。(途中で本籍地や筆頭者が変わるため)例えば、相続手続きのために連続した戸籍を請求されていた場合、その中で請求者以外の相続人の現在戸籍や附票等を発行することはできませんので、まずは請求者の戸籍を確認いただいて、再度必要な方の戸籍を請求していただくことになります。

委任状で手続きされる場合、委任状は必ず本人の自筆での署名が必要です。本人の自筆署名があれば、他は印字でも委任状と認められますが、委任状で一部でも別の方だと思われる筆跡の違いがある場合は委任状とみなされず、差し替えが必要となりますのでご注意ください。

赤穂市は、平成23年7月30日に戸籍をコンピュータ化しました。すでに婚姻または死亡等で除籍となっていた人はコンピュータ化後の戸籍に記載されません。また、戸籍の附票はこの時点での最新住所が記載されます。これより以前の記載のある証明が必要な場合は、平成改製原戸籍または改製原附票をご請求ください。
「戸籍事務のコンピュータ化について」

なお、本籍地入りの住民票については、赤穂市では債権者が依頼人である場合、本籍地入りの住民票を最初に発行することは出来ません。本籍地なしの住民票を最初にとっていただき、その住民票のコピーを添付して本籍地入りの住民票を再度請求ください。添付が何もない場合は本籍地を省略した住民票を送付することになります。

【送付書類】

1.交付申請書
申請書をダウンロードの上、必要事項を記入してください。郵送で戸籍の申請をされる方へ(PDF:107KB)

2.手数料
郵便局で販売の「定額小為替証書」を利用してください。

戸籍全部(個人)事項証明書

(戸籍謄・抄本)

1通

450円

除籍全部(個人)事項証明書

除籍謄・抄本

1通

750円

改製原戸籍謄本

1通

750円

戸籍の附票

1通

300円

身分証明書

(2項目)

1通

600円

独身証明書 1通 300円

3.返信用封筒
返信先の住所、氏名を記入し、切手を貼る。お急ぎの場合は、速達料金を追加してください。

4.本人確認書類(運転免許証・パスポート・保険証等のコピー)を同封してください。

続柄の確認のため、追加の資料の提出をお願いすることがあります。

自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために住民票または戸籍(除籍・改製原戸籍)の記載事項を確認する必要がある場合、住民票または戸籍(除籍・改製原戸籍)の記載事項を利用する正当な理由がある場合における請求の際、相続・訴訟等理由を確認できる書類が必要となります。

以上1.2.3.4を同封し、「市民課戸籍係」宛に、ご請求ください。

【請求先】

郵便番号678-0292
兵庫県赤穂市加里屋81番地
赤穂市役所市民課戸籍係

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課戸籍係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6819

ファックス番号:0791-43-6891