ここから本文です。

更新日:2018年5月16日

平成20年第2回定例会一般質問事項

平成20年6月23日午前9時30分~

質問者・会派

質問時間

主な質問内容

釣昭彦
(経政会)

午前

  1. ごみ収集業務の民間委託について
  2. 歳入の確保について

有田正美
(清和会)

午前

  1. 区画整理事業区域内における下水道事業について
  2. 後期高齢者医療制度について

家入時治
(政翔会)

午前

  1. 公共施設の耐震化計画について
  2. 今後のアフタースクールの拡充について
  3. 庁舎内電話業務の効率化について

江見昭子
(共産党)

午後

  1. 赤穂市地域防災計画を市民参加で推進しているか。
  2. 学校などの耐震補強および河川改修の取り組み
  3. 後期高齢者制度の最大の問題は、75歳以上を差別するところにある。見直しでなく、廃止を求めるべきではないか。

小林篤二
(共産党)


午後

  1. 「第6次行革大綱」のゴミ袋有料化、下水道使用料平均150円/立方メートルへ値上げを、市民の受益負担とする根拠を示されたい。
  2. 「地域医療(市民病院)を守る」市長の姿勢をうかがう。

川本孝明
(共産党)

午後

  1. ゴミ袋有料化は「行革」による市民負担増だけが目的であり、計画を撤回されたい。
  2. ゴミ処理コストを示さず市民に負担を求めることができるのか。まず、処理経費の推移、ゴミ資源化による収益額、8種分別による経費削減効果を明らかにされたい。
  3. バイオマス活用による堆肥化、発電計画を検討されたい。
  4. 西部診療所は現在休止状態であるが、地域住民の声をどのように受け止めているのか。民間医院や市民に協力をお願いするなど医師の確保に努めるべきではないか。

村阪やす子
(共産党)

午後

  1. 8種分別などゴミの減量化に協力している市民の労を台なしするようなゴミ袋の有料化はすべきでない。
    環境保全のため、さらなるゴミの減量化を市民といっしょに考え進めていくべきではないか。
  2. 不要入れ歯のリサイクルで国連児童基金(ユニセフ)への協力と地域社会の福祉に貢献できる「入れ歯回収ボックス」を、赤穂市役所にも設置されたい。
  3. 市内河川の安全対策について

瓢敏雄
(清和会)

午後

  1. 入札制度改革について

平成20年6月24日午前9時30分~

質問者・会派

質問時間

主な質問内容

松原宏
(清和会)

午前

  1. 監査の役割について
  2. 食育について
  3. 学校や公園に設置遊具の安全確保について

前川弘文
(公明党)

午前

  1. 「クールアース・デー」(7月7日)の取り組みについて
  2. 妊婦らに優しい「思いやり駐車区画」の設置について
  3. 後期高齢者医療制度について
  4. 公的年金からの特別徴収について

小路克洋
(清和会)

午後

  1. 行財政改革(経費削減への着眼点)について
  2. 環境問題について
  3. 福祉のまち赤穂の実現について

注)質問時間については、あくまで予定であります。
議事の都合により前後する場合があります。

質問トップページへ

お問い合わせ

所属課室:議会事務局  

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6876

ファックス番号:0791-43-6893