ホーム > 観光・文化・教育 > 文化 > 文化財 > 日本遺産「日本第一」の塩を産したまち播州赤穂について

ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

日本遺産「日本第一」の塩を産したまち播州赤穂について

日本遺産の認定

赤穂市は、「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」で日本遺産に追加認定されました。

これに続いて、文化庁「日本遺産審査委員会」の審議を経て、赤穂市が提案していた「『日本第一』の塩を産したまち播州赤穂」のストーリーが令和元年5月20日、新たに日本遺産に認定されました。

日本遺産…地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的とし、平成27年度に創設された。

認定書交付式の写真2認定書交付式の写真

認定内容について

1タイトル

「日本第一」の塩を産したまち播州赤穂

2申請者

赤穂市(地域型・・・単独の自治体による提案)

3ストーリーの概要

江戸時代、システマティックな入浜塩田による塩づくりが確立された播州赤穂。瀬戸内の穏やかな海と気候に抱かれ、千種川が中国山地からもたらした、良質の砂からできた広大な干潟は、入浜塩田の開発に適していた。その製塩技術は、瀬戸内海沿岸に広がり、市場を席巻するまでに成長した。中でも赤穂の塩は、国内きってのブランドとして名を馳せ、赤穂に多彩な恵みをもたらした。このまちには瀬戸内海から生み出される塩とともに歩んできた歴史文化が蓄積され、現在に息づいている。赤穂はいまなお「塩の国」なのである。

4構成文化財

赤穂市に所在する塩関連の歴史文化遺産41件

指定別内訳と主なもの

国指定:赤穂城跡、赤穂の製塩用具、田淵氏庭園、坂越の船祭(4件)

県指定:旧日本専売公社赤穂支局事務所、赤穂八幡宮獅子舞、赤穂宝専寺恵比寿大黒舞(3件)

市指定:赤穂東浜信用購買利用組合文書、赤穂緞通、赤穂浜鋤き唄ほか(10件)

未指定:東浜塩田水尾跡、元禄橋、西浜塩田資料、赤穂鉄道軌道跡ほか(24件)

 


お問い合わせ

所属課室:教育委員会文化財課文化財係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6962

ファックス番号:0791-43-6895