マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ホーム > 暮らし・手続き > 動物 > 犬の飼い方

ここから本文です。

更新日:2015年8月13日

犬の飼い方

最近、犬等の飼い方に対する苦情が増えています。近隣の人からも可愛がられるよう、ペットの習性をよく理解し、つぎの飼い方のマナーを守り、終生飼い続けましょう。

犬の放し飼いはしない

町にはどんなに小さな犬でも、犬というだけで恐怖心をもってしまう人がいます。犬が苦手な人にとっては犬が放れて道を走り回っていると怖くて外に出られません。

車や自転車による交通事故から愛犬を守るためにも、犬の放し飼いはやめましょう。

散歩のときはフンの後始末をする

公園・道路・私有地にフンを放置せず、必ず持ち帰りましょう。

散歩のときはビニール袋・スコップ・尿を流すための水を入れたペットボトルなどの用意が必要です。

フン・尿をできるだけ自宅で済ませるようにしつけをすると、雨の日など散歩ができない日でもトイレをさせることができます。

無駄吠えをさせない

毎日散歩させストレスを解消させることによって無駄吠えが少なくなります。

これらのマナーを守ることは条例で定められています。

赤穂市生活環境の保全に関する条例

第66条

愛玩動物の飼育者等は、その動物の性質又は形状等に応じ、その動物が近隣住民に危害を与え、又は汚物、悪臭若しくは騒音等によって周辺の生活環境を侵害しないよう適切に飼育管理しなければならない。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健センター 

兵庫県赤穂市南野中321

電話番号:0791-46-8701

ファックス番号:0791-46-8705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?