ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 窓口負担割合の2割化について

ここから本文です。

更新日:2022年10月1日

窓口負担割合の2割化について

令和4年10月1日より、医療費の負担割合に新たに『2割』が追加され、『1割』『2割』『3割』の3区分になっています。

令和4年10月1日から変わったこと

2割負担の新設とともに、対象となる人の負担軽減のための取組も行われています。

2割負担の新設

制度改正により、後期高齢者医療制度の一部負担金の割合が見直され、それまでの「1割」「3割」に新たに「2割」が追加されています。

2割判定のチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配慮措置の新設(高額療養費・自己負担限度額の変更)

負担割合が2割となる人には、医療費の負担を抑えるために令和4年10月1日から3年間は1か月の外来の自己負担額の増加額を3,000円までに抑える配慮措置が適用されます。

高額療養費の口座登録の事前勧奨

配慮措置が円滑に実施できるように、負担割合が2割となる人でまだ高額療養費の口座が登録されていない人に、兵庫県後期高齢者医療広域連合から、配慮措置(高額療養費)のための口座登録の案内が郵送されています。

 

被保険者証が更新されました

制度改正にあわせて、令和4年10月1日に被保険者証が更新されました。

9月下旬までに新しい被保険者証を送付しています。

令和4年10月1日から令和5年7月31日までの有効期間の被保険者証をお送りしています。

10月1日からは新しい被保険者証を医療機関等の窓口に提示してください。

有効期限を確認してください

  • 病院や薬局などで提示するときには、「有効期限」を必ず確認しましょう。
  • 被保険者証の更新が短期間で2回行われています。有効期限の過ぎた被保険者証がお手元にある可能性があります。
  • 破棄や返還をする前に、必ずお持ちの被保険者証や各認定証の有効期限を確認してください。

各認定証の有効期限は、令和5年7月31日となっています。

今までに交付されている限度額認定証などの各認定証の有効期限は、令和5年7月31日となっています。そのため、今回の被保険者証の更新とは関係なくそのまま使用することができますので、誤って破棄しないようにしてください。

高額療養費の手続きをかたる不審な電話がかかったときには!

不審な電話がかかったり、不審な人物が訪ねてきた場合は、一旦電話を切ったり対応をやめて、市役所や警察署、お知り合いに相談をしてください。

申請用紙を郵送せずに電話や訪問で口座情報の登録をお願いすることや、通帳をお預かりすることは絶対にありません。ATMの操作をお願いすることも絶対にありません。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課医療係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6820

ファックス番号:0791-43-6891