ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 平成21年度赤穂こどもプラン実施状況を公表します

ここから本文です。

更新日:2015年5月13日

平成21年度赤穂こどもプラン実施状況を公表します

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画として、平成17年3月に策定しました「赤穂こどもプラン」の平成21年度の実施状況を公表いたします。

赤穂こどもプランは、平成17年度から10年間に集中的・計画的に取り組むこととしていますが、平成21年度は5年目になり、主な事業について次のとおり推進いたしました。

No 施策名 施策の概要 窓口(担当)

1

児童館の整備

  • 平成21年度は、加里屋児童館の外壁改修を実施しました。
  • 塩屋地区での児童館建設に向けて実施計画を行いました。平成22年度建設に取り組みます。

子育て健康課

2

出産費の助成

  • 次代を担う子どもたちが健やかに育つための環境づくりとして、平成21年度から、市民の出産に際し費用の一部を助成し、子育て家庭への経済的負担の軽減を図りました。(助成額1子50,000円)

子育て健康課

3

乳児健康診査
の推進

  • 平成21年度は、集団健診に加えて受診券を医療機関に提示し、個別の乳児健診に1回3,500円を上限として2回分助成しました。
    (所得制限なし)

子育て健康課(保健センター)

4

妊婦健康診査
の推進

  • 平成21年度から妊娠期間中の妊婦健康診査に係る費用に対して、1回あたり5,000円を上限に全期間で14回助成しました。
    (所得制限なし)

子育て健康課(保健センター)

5

保護者による自主的な活動の育成と支援

  • 坂越公民館を北部における活動拠点として、月4回のサークル活動や月1回の講座と月2回子育て広場を開設し、その他の公民館においては、出前講座を実施し、家庭教育力の向上を図りました。
  • 子育て学習センターの体制充実を図るため、インストラクターとは別に指導員を新たに配置しました。

教育委員会
生涯学習課

6

保育料の負担軽減

  • 平成21年度も引き続き多子世帯保育料軽減事業を実施するとともに、保育所保育料について、同一世帯から2人以上の児童が保育所の他、幼稚園や認定こども園を利用している場合、3人目以降の保育料を0円にしました。

子育て健康課
教育委員会
総務課

7

土曜日午後保育の実施

  • 土曜日の午後に保護者の勤務等により保育に欠けている者を対象に、平成19年度から赤穂保育所において、毎週土曜日の午後7時まで保育を実施していますが、21年度においては、利用者の保育ニーズは多様化し、増加傾向にあります。

子育て健康課

8

アフタースクールの充実

  • 平成21年度は、新入生(1年生)を4月1日から受け入れ実施しました。
  • 平成21年6月に6校目を坂越小学校区に開設しました。
  • 城西アフタースクールの保育室を増室し、環境整備を行いました。

教育委員会
生涯学習課

9

身近な遊び場の整備充実

  • 平成21年度は、専門技術者による遊具点検を行ないました。遊具点検の結果に基づき、遊具の適切な維持管理に努め、利用者が安心して遊べる環境を整備します。

子育て健康課

10

次世代育成支援対策後期行動計画の策定

  • 平成20年度に実施したアンケート調査の結果を受け、前期計画策定から5年が経過した平成21年度において、「赤穂市次世代育成支援対策行動計画策定協議会」を設置し、前期計画期間中の取り組み状況の評価、見直しを行い、平成22年度から平成26年度の後期行動計画を策定しました。

子育て健康課

11

青少年に対する健康教育・保険指導の充実

  • 平成21年度から「早寝早起き朝ごはん」運動を推進し、学校園所が同一歩調で、幼児、児童、生徒の基本的な生活習慣の習得に取り組みました。

教育委員会
指導課

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部子育て健康課こども支援係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6808

ファックス番号:0791-45-3396

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?