ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

赤穂市役所

平成28年度に続き市職員を対象に認知症サポーター養成講座を開催いたしました。本年度は係長を対象に職員研修として開催いたしました。

認知症についての講義を受講後、寸劇を見て認知症高齢者への対応について理解を深めました。

開催日

平成29年12月26日(火曜日)10時~11時30分・14時~15時30分

講座の内容

  1. はじめに
  2. 認知症についての講義
  3. DVD視聴
  4. 認知症高齢者への対応について(寸劇・グループワーク)
  5. まとめ

講座の様子

市役所での認知症サポーター養成講座の写真1

市役所での認知症サポーター養成講座の写真2

受講者アンケートから

  • 知識としてもっと勉強したくなった。今後家族や地域の人への対応を考えるきっかけとなった。
  • 専門家でなくとも認知症の対応が可能で、だれでもできるとわかった。
  • 認知症への対応方法を全く知らなかったので、参考になった。
  • 自身の生活には関係ないと思っていたが、講義を聞いて自分たちの問題であることと認識した。
  • 接し方の注意点など対応の仕方が理解できたと思う。
  • 家族の人が認知症になると、介護が大変だと思う。また、自分の老後も不安である。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課地域包括支援センター

赤穂市中広267

電話番号:0791-42-1201

ファックス番号:0791-42-1260