マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

市職員研修(6月)

認知症の方も利用しやすい市役所づくりを推進するため、市職員全員が認知症サポーターとなることを目指して、市役所職員を対象に認知症サポーター養成講座を開催しています。本年度中に8回開催する予定です。

認知症に関する講座を受講、DVDを視聴し、寸劇を見て認知症の方への窓口対応について考えました。

開催日

平成30年6月15日(金曜日)10時~11時30分

講座の内容

  1. はじめに
  2. 認知症についての講義
  3. DVD視聴
  4. 認知症高齢者への対応について(寸劇)
  5. まとめ

受講中の様子

市職員研修(6月)での認知症サポーター養成講座の写真1

市職員研修(6月)での認知症サポーター養成講座の写真2

受講者アンケートから

  • 認知症については社会全体で取り組むときになってきたと感じた。
  • 保育所での子どもたちへの配慮とよく似ていると思った。しかし、子どもに言うことを大人で自分より年上の人にいうのは難しいと思った。
  • 接する側の理解や心の余裕も大切だと感じた。
  • 周りの接し方で症状の進行が変わると初めて知り、接し方について学ぶ大切さを感じた。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課地域包括支援センター

赤穂市中広267

電話番号:0791-42-1201

ファックス番号:0791-42-1260