マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

関西福祉大学社会福祉学部実習指導1

関西福祉大学社会福祉学部実習指導1の講義において、高齢者部門の施設に実習に行く学生を対象として認知症サポーター養成講座を開催いたしました。高齢者部門の実習先では認知症の高齢者の方も多く、コミュニケーションの図り方について注意点を学ぶなど講義を受講後、DVDを視聴し実際の対応についても検討を行いました。

開催日

平成30年6月4日(月曜日)16時20分~17時50分

講座の内容

  1. はじめに(認知症サポーターとは)
  2. 認知症についての講義
  3. DVD視聴とグループワーク
  4. ワークシート
  5. まとめ

受講中の様子

関西福祉大学社会福祉学部実習指導1での認知症サポーター養成講座の写真1

関西福祉大学社会福祉学部実習指導1での認知症サポーター養成講座の写真2

受講者アンケートから

  • 受講前は認知症の方に対しての対応をどうしたら良いかわからなくて大変そうだと思っていたけど、わかりやすく説明したり一緒にしたらよいことがわかりました。
  • 驚かせてはいけない、ということを知りました。
  • 認知症についてさらに学ぶことができてよかったです。
  • おばあちゃんがいるので、認知症になった時は習ったことを生かしていきたい。
  • 中核症状、BPSDの具体的な症状や、良い接し方や悪い接し方を知ることができてよかったです。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課地域包括支援センター

赤穂市中広267

電話番号:0791-42-1201

ファックス番号:0791-42-1260