ホーム > まち・環境 > 土地 > 区画整理 > 野中・砂子土地区画整理区域内「保留地」の概要

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

野中・砂子土地区画整理区域内「保留地」の概要

保留地とは

保留地とは、土地区画整理事業により新しく造成された土地のうち、住宅建築等を目的に広く一般に販売される土地をいいます。

保留地を売却して得たお金は区画整理事業の原資となり、新しい「まち」を作っていくために使われます。

保留地位置図

工事が概ね出来上がった場所から保留地の販売を開始しています。

地区内保留地数:約150区画
うち道の広場周辺:52区画(1区画当たり:150~200平方メートル)
※区画割、区画数は今後の計画で増減します。

保留地販売(現在販売中)のご案内はこちらから

保留地周辺の「まちづくり」について

野中・砂子公園から坂越駅への歩行者・自転車道

当地区は地区中央に2ha(20,000平方メートル)という大規模な近隣公園(野中・砂子公園)を計画しています。
その近隣公園からJR坂越駅に向けて歩行者・自転車道を計画し、子どもから高齢者までが快適で安全に利用できる空間を作り出します。
また、その周辺に保留地を配置することで、住宅地内を歩行者の導線とし、安全安心な「まちづくり」を実現します。

赤穂市野中・砂子土地区画整理事業トップページへ

お問い合わせ

所属課室:建設経済部区画整理課 

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6829

ファックス番号:0791-43-6892