ホーム > 産業・ビジネス > 産業 > 赤穂緞通展示会・講演会を開催します

ここから本文です。

更新日:2018年1月23日

赤穂緞通展示会・講演会を開催します

開催日時について

展示会

日時:平成30年3月17日(土曜日)、18日(日曜日)午前10時から午後4時
場所:赤穂市文化会館1階展示室
料金:入場無料

講演会

日時:平成30年3月17日(土曜日)午後1時から午後4時
場所:赤穂市文化会館2階学習室
講師:

  • 赤穂緞通生産者の会会長弥生工房根来節子氏
  • 福知山公立大学地域経営学部地域経営学科教授谷口知弘氏

料金:入場無料

赤穂緞通について

赤穂緞通は、佐賀の鍋島緞通、大阪の堺緞通と並び、日本三緞通の一つに数えられています。
直線、曲線を巧みに織りまぜた独特な文様と、繊細で美しい色合いが人気です。厳選された綿糸のみを使い、文様を際立たせるため、赤穂独自の技法である念入りな「摘み」の作業で仕上げられる赤穂緞通には、視覚的な美しさのみならず、絹のような独特の手触りがあります。
江戸時代後期、赤穂に生まれ育った児島なかが考案しました。明治7年に商品化され、皇室や政府にも納入されるなど、国内をはじめ海外にまで広まりましたが、昭和に入り、機械化になじまない赤穂緞通は徐々に衰退していきました。
この伝統工芸の危機を救おうと、平成3年に赤穂市教育委員会が講習会を開講したところ、多くの参加者が集まり、平成11年にはその修了生でつくる「赤穂緞通を伝承する会」が発足、現在では各工房において様々な取り組みがなされています。また赤穂緞通の伝統技術及び品質向上に努め、地場産業の振興を図る活動に賛同した個人工房でつくる「赤穂緞通生産者の会」も結成されており、市民の手によって「伝統工芸の伝承」から「地場産業の復活」へ向けて動き出しています。

赤穂緞通展示会および講演会のチラシ表面

お問い合わせ

所属課室:建設経済部産業観光課商工係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6838

ファックス番号:0791-46-3400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?