ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

平成28年度5月

 

 平成28年5月29日加里屋川清掃活動

清掃活動の様子の写真清掃活動の様子の写真

自治会、PTA、JC、企業、連合など各種団体の皆さんと共に加里屋川の清掃活動を行いました。早朝から約250人の方々が参加され、これもふるさとの川”加里屋川”に対する皆さんの思いや関心の高さの表われであると思いました。

これまでこの河川整備は紆余曲折がありましたが、平成24年度から兵庫県のご尽力によって工事が再開されています。また、地元の方々による、”ホタル”の生育活動も続いており、10日前くらいからホタルの光る姿が確認されているとのことでした。

今後も関係の機関、団体の皆さんのご協力を得て、整備の促進を図ってまいります。

 

 平成28年5月27日中学ソフトテニス団体高田君表敬訪問

【第27回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会男子団体戦優勝:兵庫県代表チーム赤穂西中学校3年高田錬選手市長表敬訪問】

明石市長と高田君の写真明石市長と高田君の写真

全国大会団体優勝を勝ちとった一員の赤穂西中学校高田君が報告に来庁されました。

スポーツマン独特のさっぱりすっきりした中学生で、個人戦でもしっかり頑張ってほしいものです。

彼は、西中で生徒会長をつとめており、スポーツと学業の両立が”むつかしい”とのことでした。しっかりがんばってほしいと思います。”さわやかなひととき”でした。

 

 平成28年5月22日第65回赤穂市民総合体育祭

明石市長があいさつをしている写真体育祭の様子の写真

第65回市民体育祭が新緑の好季節に”暑すぎるほど”の日に開催されました。

15年ぶりに各地区が参加した対抗競技では、世代を超え、久々に対抗意識を燃やし、当日は、一般的に言われている”コミュニティの希薄化”を感じることはなく、会場は熱く盛り上がりました。

多くのボランティアの皆さん、地域の方々をはじめ、出店者も元気で賑わい、5年に1度でなく、毎年地区対抗の大運動会開催を求める声をお聞きしました。

市民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことのできる生涯スポーツのすそ野をさらに拡げていきたいと思っています。

 

 平成28年5月16日水防本部構成員による巡察

巡察の様子の写真巡察の様子の写真

出水期を控え、千種川(支流の加里屋川)の改修状況、木津の火災跡地、目坂土砂崩落状況、西有年太陽光設置による森林の伐採地などを事前に巡検しました。

また、新設の高野排水機場の整備状況も視察しました。今年も災害のない年でありますよう祈っています。

 

 平成28年5月14日第2回関西福祉大学地域連携フォーラム

明石市長があいさつをしている写真会場の様子の写真

住みなれたまちで豊かに暮らす、安全で安心して毎日を過ごす。人口減少社会の中でも高齢者や子どもを含むすべての住民が定住できるまちの創生が求められています。

今年も関西福祉大学の全面的なご協力のもと、福祉、教育、看護の視点から地域の課題を3つの分科会に分かれ、意見交換・討論が行われました。

基調講演は惣万佳代子氏で、自ら経営する富山型デイサービスから、子ども、お年寄り、障がい者が同じ屋根の下で暮らす実践から、多くの示唆に富んだお話を聞くことができました。あらためて「生きる」ということ、「ノーマライゼーション」の意義を考える機会となりました。

 

 平成28年5月8日第39回赤穂精華園祭

会場の様子の写真会場の様子の写真

今年も盛大に開催されました。年々来場者が増えているように思います。

精華園は、地域に開かれた障がい者福祉施設として、利用者の能力、特性、そして個性を尊重したサービスの提供に努められている一方で、イベント等の実施により地域との交流を促進し、「地域との共生」に取り組んでおられます。

市も一層の連携を図り、障がいのある方々への支援に努めるとともに、地域福祉の充実を推進してまいります。

 

 平成28年5月2日「こどもの日」保育所訪問

明石市長と子ども達の写真集合写真

社会福祉協議会西理事長と一緒に「こどもの日」を前に、あしたば園と赤穂保育所ほか5ケ所の保育所を訪問しました。

毎年楽しみにしていますが、0才児から5才児まで成長段階によって表情、ことば、しぐさなど全てが異なります。

いつも感心するのは、“目”です。生き生きとしたかわいいきれいな“目”。清涼感とともに、たくさんの“元気”をもらいました。

 

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課秘書広報係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6873

ファックス番号:0791-43-6822