ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

平成29年度9月

 

 

 

 

 

平成29年9月30日第14回赤穂観月・芸能の夕べ(文化会館)

明石市長があいさつをしている写真会場の様子の写真

明石市長が抹茶を飲んでいる写真

赤穂観月・芸能の夕べが今年も盛大に開催されました。
観月会実行委員会、萬代委員長から観月会や芸能大会の起源などの説明もあり、初めて耳にすることもあって、歴史を感じました。
しかし、市民の皆さんには、やすらぎやゆとりを感じていただく場としてすっかり定着しているように感じました。芸能大会も食事を終え、7時30分頃に観覧に来られている方も多くいらっしゃいました。
お茶席にも出席させていただきましたが、私自身茶道についての予備知識や作法も知らない身で、円光先生はじめ社中の皆さんにはお世話になりました。
今年は、10月22日に「ひょうご邦楽の祭典」が文化会館大ホールで開催される予定ですので楽しみです。

皆さんありがとうございました。

 

 

平成29年9月26日赤穂高等学校東北復興支援ボランティア活動結団式(市役所市民広場)

明石市長があいさつをしている写真高校生があいさつをしている写真

3回目となる赤穂高校東北ボランティア(気仙沼市への復興支援活動)の結団式が庁舎広場で開催されました。
交流を続けている市民からは、「今年も来てくれてありがとう」の声かけや、気仙沼高校生とは、生徒同士の交流も図られていると聞いています。ひょうたんの絵付けや音楽部の合唱など参加する赤高生の自発的意思と自己完結を基本に「自己実現」を図っていただきたいと思っています。
いつ発生するかわからない災害に対し、平素からの地域のつながりや、そこに住む一人ひとりの役割が、復旧復興の力となります。
ケガのないよう頑張って来てください。

 

平成29年9月24日第1回赤穂市伝統文化祭(文化会館小ホール)

明石市長があいさつをしている写真獅子舞の写真

獅子舞と子どもの写真

長年思っておりました各地域の伝統文化を保存、伝承していこうということで第1回の文化祭を開催できました。予想をはるかに超える皆さんに来場いただき、座る席もない、パンフも足らないなど大変ご不便をおかけしましたが、(大盛況で大変ありがたいことですが)次回は、しっかり対応してまいります。
市内各地域には特色ある祭礼や獅子舞などが行われており、県内でも「播磨は獅子どころ」と言われるよう、赤穂市内でも25地区に伝承されているようです。祭礼等の地域の伝統文化は、無形の民俗文化財としてだけでなく、地域コミュニティーの形成や世代間の交流、さらに地域の賑わいづくりなどにも重要な役割を果たしています。

しかし、人口減少や少子高齢化などの進行で獅子舞等の担い手(後継者)不足が深刻で継承が懸念される状況にあります。市も総合戦略の一つに地域資源を活用したまちづくりの推進や地域ブランド力の強化を掲げており、地域社会の基盤づくり、維持のための取組みとして、今後とも地域の伝統文化の維持、継承を進めてまいります。
今回、ご披露いただいた上浜市、新田居村、西有年、中広、周世地区の皆さんありがとうございました。地域の皆さんが一体となって、準備や応援で参加いただき、力強さを感じました。ありがとうございます。
来年も5ヵ所の地区でご披露をお願いすることとなります。よろしくお願いいたします。

 

 

 

平成29年9月18日平成29年度高雄地区敬老会(高雄地区体育館)

明石市長があいさつをしている写真会場の様子の写真

台風一過の18日、高雄地区の敬老会に出席しました。
新聞報道では今年度は、兵庫県内で100歳以上になられる方が3,695人(赤穂市は46人)おられるとのことでした。
高齢化は進行しても、現代のシニア世代の皆さんは、アクティブシニアと呼ばれるように健康な方が多く、日本経済の成長期を担って来られているところから、何事にも意欲的で生涯を通じて学び働き続けたいとの意識も高いと感じています。
人口減少、少子化が進んでも、今後地域社会の担い手として、また子どもたちや後輩の指導など、ご活躍を期待しています。それは、自身の健康維持や生きがいの創出ということにとどまらず、地域が抱える課題解決や活力ある地域づくりにも寄与すると思っています。これまで培ってこられた豊かな経験、知識、技能や人的なつながりなどを、趣味の領域に限らず、地域のいろいろな分野で活かしていただけたらと思っています。行政としても、活躍いただけるしくみを作っていきます。
今後とも心身ともご健康で毎日をお過しいただきますよう・・・・・。

 

 

 

平成29年9月13日小國以載選手IBF世界タイトル初防衛戦パブリックビューイング(市民会館)

パブリックビューイングで観戦している写真パブリックビューイングで観戦している写真

小國以載選手のIBF世界タイトル初防衛戦のパブリックビューイングに約150人の皆さんとともに参加しました。
激しい攻防が続いた結果、TKOで初防衛は失敗しました。
昨年の大晦日の試合以来、赤穂が生んだ世界チャンピオンは、私たちに勇気と感動を与えてくれました。“あきらめないこと”の大切さなど、小國選手の言葉は重く市民の心に残っています。
結果は、くやしくて残念ですが、小國選手はよく頑張ったと思います。ありがとうございます。

 

 

 

平成29年9月10日JR備前福河駅トイレ完成記念式典

明石市長があいさつをしている写真式典の様子の写真

JR備前福河駅のトイレ完成記念式典に参加しました。
当日は、本町や新田自治会や赤穂西幼稚園、JRなどからも約200名の皆さんの出席により賑やかに挙行されました。
また、通勤に赤穂線を利用されている江端氏は、“べんじょ”の歌まで作詞作曲してくださり、披露されました。
さらに、地元福浦のコットンボランティアによる手づくりの“ふっくらコットン展”が開催され、お集まりの皆さんの注目を浴びました。“龍神の郷”“赤穂コールドロン”“福浦コットン”など、今後うまく絡ませてJR赤穂線沿線の地域おこしの起爆剤になれば・・・と、地元の皆さんは次の手を考えておられるようです。大いに期待していきたいと思っています。

 

 

平成29年9月9日第2回赤穂市長杯小学生サッカー大会(海浜スポーツセンター)

明石市長があいさつをしている写真開会式で選手宣誓をしている子どもの写真

第2回目となる市長杯小学生サッカー大会に出席しました。近隣市町から16チームが参加し、少しずつ拡大充実している大会となっています。
小学生のきびきびした一生懸命のプレーは、見ている者にとっても一挙一動に大きな感動と、選手からは謙虚なというか純朴でひたむきな姿勢を感じました。
サッカーでは日本代表も頑張っています。参加の小学生の中から日本代表選手が出ることを期待しています。指導されているコーチ、監督、暖かく見守ってくれているご家族の皆さん、また準備いただいた皆様、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課秘書広報係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6873

ファックス番号:0791-43-6822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?