ここから本文です。

更新日:2018年5月2日

平成30年度4月

 

 

 

 

平成30年4月29日第48回赤穂市自治功労者のつどい

自治功労者のつどいであいさつしている明石市長の写真自治功労者の皆さんの集合写真

第48回となる赤穂市自治功労者のつどいが開催され、60名の方にご出席いただきました。
今年は、公平委員として、多年にわたりご尽力いただいた北條脩さんほか9名の方を自治功労者として表彰いたしました。新自治功労者の皆さんには、市政の各般にわたり長い間ご尽力をいただきありがとうございます。

表彰のあと、児嶋副市長から市政の概要の説明や記念撮影を行い、汐江副議長による乾杯の発声の後、懇談会となり、各人が近況の報告などご歓談され、最後は、中西優議員待遇者会長の万歳三唱で閉会となりました。
ご出席いただいた自治功労者の皆さんの今後のご健康、ご多幸を祈念申し上げます。

 

 

平成30年4月27日公益社団法人赤穂市シルバー人材センターとの空家等の適正管理の促進に関する協定締結

明石市長と吉備理事長の調印式での写真

平成30年第1回定例会で議決をいただいた「赤穂市空家等の適正管理に関する条例」の施行に伴い、赤穂市シルバー人材センターと良好な生活環境の保全と空家の適正管理の促進に関する協定を締結しました。
これは、将来的に増加傾向のある空家の適正な管理について、市とシルバー人材センターが連携して、生活環境の悪化を未然に防止していこうとする狙いがあります。同時に高齢者の就労機会の創出も見込めるものとシルバー人材センターも期待しています。
今後、詳しく市のホームページや広報でもPRしてまいりますのでよろしくお願いします。

 

 

平成30年4月24日赤穂精華園やまびこ寮竣工記念式典

赤穂精華園やまびこ寮竣工記念式典の様子の写真記念式典でテープカットをしている写真

赤穂精華園やまびこ寮の外観の写真

建替となった赤穂精華園やまびこ寮の竣工式に出席しました。
市でも3月に「赤穂市障がい者福祉長期計画」を策定したところであり、障がいのある人の高齢化やその支援など長期的視点でニーズを見極め、サービス提供体制の確保や相談支援の充実などを図って、障がいの有無に関わらず、尊重しあえる思いやりに満ちたやさしい共生社会の実現に向けて、一歩ずつ歩んでまいりたいと思っています。
やまびこ寮の改築では、利用者の尊厳を守り、その能力や個性を尊重しつつ、社会性を助長しながら自立を促すための支援を行うなど、高齢になっても暮らし続けられるよう整備されたと聞いています。
市としましても、障がい福祉施策の中心的施設である赤穂精華園との連携を強化し、今後とも一緒になっていろいろな取組みを進めてまいりたいと思っています。おめでとうございます。

 

 

平成30年4月22日平成30年度消防功労者表彰伝達式及び赤穂市消防操法大会

消防功労者表彰伝達式で表彰状を渡す市長の写真消防操法大会の様子の写真

早朝から消防功労者表彰伝達式と消防操法大会があり出席しました。
近年の自然災害の大規模化や火災事案の複雑化に加えて、日本列島は地震の活動期に入ったと言われています。去る2月、政府の地震調査委員会は、南海トラフ巨大地震の発生率が「70%」から「70~80%」に高まったと発表しています。ますます地域に密着した消防団の果たす役割は重要になってきています。
表彰を受けられた団員の皆さんおめでとうございます。
一方、操法大会は、前回西播磨で優勝、県大会で準優勝というすばらしい成果をあげられた消防団、お仕事でお疲れの中夜遅くまで、又休みを返上しての訓練に精励された団員の皆さんの奮起を期待しています。ありがとうございます。

 

 

平成30年4月17日平成30年度赤穂市高齢者大学坂越学園・千種川カレッジ坂越校入学式・開講式

高齢者大学入学式であいさつしている明石市長の写真高齢者大学入学式・開講式の様子の写真

今回も元気で意欲に満ちた、坂越地区のシニア世代の皆さんとお会いすることができました。
あいさつをしている時の生徒の皆さんの反応が伝わってくるようで、多少脱線したようなあいさつの内容もありました(?)・・・。
人生100年時代を迎え、今後は生涯を通じて学び、働くことのできる環境づくりや、社会貢献できる仕組みづくりが求められていると思います。
もともと「人生100年時代」とは、イギリスのリンダ・グラットン教授が、長寿時代の生き方を説いた著書「ライフシフト」で提言された言葉です。人生100年時代において、今後は3点が重要性を増すと示唆しています。1つは、「教育」、2つ目は「多様な生き方」、3点目は、お金だけでなく、経験や人的なネットワークなど「無形資産」。
「人づくり革命」を掲げる日本でもリカレント教育の充実など、いくつになっても学びやすい環境づくりが求められるものと思います。ともに、健康で地道に自己実現を図りましょう。

 

 

平成30年4月12日ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」に出演(9時~9時20分頃)

明石市長と三上公也さんが話している写真ラジオ関西スタジオの様子の写真

今日、ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」に出演しました。
県内41市町の新たな施策やとりくみ、地域の魅力を発信するコーナーで、その第1回目ということでした。
限られた時間に、パーソナリティの三上さん、上原さんとの掛け合いで、どこまで宣伝、しゃべれるかなと思いつつ、時間が経ちました。
これまでも他局での放送にも参加してまいりましたが、この種の機会もうまく活用していきたいと思います。
ラジオ関西の皆さんありがとうございました。

 

当日の様子は、ラジオ関西のホームページでご覧(視聴)いただけます

ラジオ関西ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 

平成30年4月7日第5回赤穂市長旗争奪少年野球大会

 

少年野球大会で明石市長が挨拶をしている写真開会式で球児が選手宣誓をしている写真

県内だけでなく県外からも若鮎のような元気な球児が参加し、第5回目となる赤穂市長旗争奪少年野球大会が開催され、大きなエネルギーとともに“たくましさ”を感じました。
27チームの参加はこれまでにもなかったような気がしていますが、子どもたちの元気はつらつとした一途なプレーには頼もしく思いました。久々に快い時間を過ごすことができました。
平素指導いただいている各チームの監督、コーチ、父兄の皆さんや体育協会、少年野球協会など関係の皆さん、ありがとうございます。

 

 

平成30年4月6日春の交通安全運動(イオン赤穂店前)

イオン赤穂店前で啓発活動をする市長の写真啓発運動に参加された皆さんの集合写真

本日から春の全国交通安全運動が15日までの間実施されます。
イオン赤穂店のご協力と市交通安全協会、赤穂警察署、赤穂自動車教習所など団体の皆さんと一緒になって交通事故防止、交通安全の啓発活動を行いました。
小雨も降る中でしたが、参加いただいた皆さんありがとうございました。
さて、市内の交通事故発生件数は、平成23年をピークに減少傾向にありましたが、29年度は増加しており、うち人身事故の増、さらに残念なことですが交通死亡事故が2件発生、尊い人命が失われました。こうしたことから、30年度は残念ですが、「交通安全対策重要推進地域」に指定されました。
これを返上すべく、協会、警察、地域、行政が一体となって、街頭啓発、学校園での交通安全教育の拡大、道路環境の整備など交通安全対策の強化を図ってまいります。
折しも通園、通学を始めた子どもの事故防止や高齢者の皆さんの事故を1件でも減らせるよう、市民の皆さんや関係団体のご協力をいただきながらがんばってまいります。

 

 

 

平成30年4月3日関西福祉大学平成30年度入学式(文化会館)

入学式で学生があいさつをしている写真明石市長が入学式であいさつしている写真

平成9年4月に、赤穂市との公私協力方式により設立されて以来、関西福祉大学は常に社会の変化やニーズに即応した教育内容の充実に努められ、ますます幅と厚みのある大学に発展されています。
学生の皆さんには、赤穂市の地域活性化への取組みやボランティア活動など、多くの地域連携、貢献活動にもご協力をいただき、元気で魅力あふれるまちづくりの一翼を担っていただいております。
入学される皆さんは、教育、福祉、看護のスペシャリストをめざす方であり、その眼差しを拝見し、心強く、また頼もしく感じました。きっとこの若いエネルギッシュな力とみずみずしい感性が赤穂のまちづくり、地域の活性化に大いに寄与していただけるものと期待しています。ご入学おめでとうございます。

 

 

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課秘書広報係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6873

ファックス番号:0791-43-6822