ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

平成30年度5月

 

 

 

 

平成30年5月28日坂越の船祭櫂伝馬(漕船)進水式(坂越ふるさと海岸)

進水式で安全祈願する市長の写真進水式の会場の様子の写真

瀬戸内海の伝統的な船祭りである“坂越の船祭”の祭礼用の和船である櫂伝馬の進水式に出席しました。
この船祭りは、江戸時代から殆ど変らない形で伝承され、見ごたえのある祭礼行事であって、平成24年3月に国の重要無形民俗文化財として指定されています。これも坂越の皆さまが地域の伝統文化を連綿とつなぎ維持された努力の賜物であると思います。
櫂伝馬も和船であり、和船の技術者や造船所も極めて少ない中、関係各位のご努力によって35年ぶりに建造されました。地元の皆様はじめ関係者の皆様方には敬意と感謝を申し上げます。この坂越の船祭りが、これまで以上に賑わい、しっかりと伝承されるとともに歴史情緒あふれる坂越の魅力がぐ~んと高まっていくことを祈念いたします。

 

 

平成30年5月20日赤穂市民総合体育祭、公開ラジオ体操教室(城南緑地陸上競技場)

赤穂市民総合体育祭であいさつしている明石市長の写真赤穂市民総合体育祭の会場の様子の写真

緑の映えるまぶしいくらいの好天のもと、第67回市民総合体育祭が盛大に開催されました。
スポーツには多くの効能がありますが、市民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことのできる生涯スポーツを赤穂市は推進しています。体育協会や各種加盟団体の皆さん、市民の皆さんの参加とご協力によってさらに充実させてまいります。
また、3回目となるラジオ体操教室では、NHKラジオ体操でご活躍の多胡肇先生と押味愛里沙先生をお招きし、“正しいラジオ体操”について、軽妙な語りの多胡先生と、実技は押味先生の指導できっちり45分。“我流で勝手に解釈”していたラジオ体操の“意味”を知る絶好の機会となりました。ラジオ体操を通じ健康づくりや交流が深まれば・・・・と。
体に良い健やかな1日を過ごすことができました。お世話いただいた皆さんありがとうございます。

公開ラジオ体操教室の様子の写真公開ラジオ体操教室でラジオ体操をしてる市長の写真

 

 

平成30年5月13日第41回赤穂精華園祭

精華園祭で明石市長があいさつしている写真赤穂塩大根を購入している明石市長の写真

会場で野菜を子どもに手渡す市長の写真

生憎の空模様でしたが、第41回赤穂精華園祭に参加しました。
地元の皆さんをはじめ、多くの協力企業、団体のご尽力によって賑わっていました。
とりわけ、市が地域創生を推進しているソルトプロモーションでは、精華園の皆さんに「赤穂塩大根」というお漬物の生産開発を担っていただいています。
このたび農福連携事業として、大津自治会の皆さんの指導による大根の栽培と、京都の老舗漬物店の力強い指導もあって、工夫して開発した「青味大根の梅酢漬け」が、兵庫県の第1回グルメ甲子園でグランプリをいただきました。精華園の皆さんの平素からのたゆまない努力の結果だと思います。市としても「塩のまち」「忠臣蔵のふるさと」赤穂をPRしていく上でも、大変うれしく思いました。
精華園やまびこ寮の皆さんおめでとうございます。

 

 

 

平成30年5月12日赤穂ライオンズクラブCN55周年記念式典(文化会館)

愛する街赤穂の歌碑の除幕式の様子の写真

赤穂ライオンズクラブの認証55周年記念式典に参加しました。
式典に先立ち、文化会館(ハーモニーホール)の庭に「愛する街~赤穂~」の歌碑をご寄贈いただきました。
クラブは友愛と奉仕の精神で、これまで千種川の水生生物などの環境保全活動や献血、スポーツ支援、国際交流など、いろいろな奉仕活動に取り組まれています。
式典では、赤穂市児童合唱団の皆さんの歌声が、文化会館に大きく響き渡りました。ありがとうございます。

 

 

平成30年5月1日「こどもの日」保育所訪問

明石市長が子どもたちにお菓子を配っている写真明石市長と園児たちの集合写真

市内の各保育所を社会福祉協議会理事長とともに“子どもの日”を前に訪問しました。
0才児から5才児までの元気な子どもたちに接していると癒され、強いエネルギーをいただきます。子どもたちが、それぞれの個性を生かしながら、大空に舞う“鯉のぼり”のように大きく健康で素直に成長できるよう、環境の整備や保育の支援を進めてまいります。
久々に心なごむひと時でした。
保育士の皆さん!調理員や用務員の皆さん!いつもありがとうございます。

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課秘書広報係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6873

ファックス番号:0791-43-6822