ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

平成30年度9月

 

 

 

平成30年9月24日第2回赤穂市伝統文化祭(文化会館)

赤穂市伝統文化祭であいさつしている明石市長の写真赤穂市伝統文化祭の会場の様子の写真

獅子舞の写真

第2回目となる伝統文化祭は、木生谷、新田西部、福浦本町東、砂子、木津、大津の各獅子舞保存会の皆さんの協力を得て、文化会館大ホール3階までを埋めつくす約1200名の観客で大盛況でした。
人口減少や少子高齢化等で継承が危惧されている地域の“無形民俗文化財”の1つである獅子舞を伝承していこうということで、映像により保存するとともに、舞い手や唐子、笛、太鼓などの技芸の指導をお年寄りから子どもまで、世代を超え集い、交流を深める。元気な地域づくりや住民相互の絆を強めることになれば・・・・と思っています。
「播磨は獅子どころ」と言われるように市内でも25の保存会があり、特色ある伝統の舞いを見ることができました。獅子舞の由来やルーツを探索することも楽しみです。「都会で暮らす息子が帰って来て舞っている」「孫にも見せてやることができたが、やらせたい」「こうした地域文化を継承していきたい」等々の声を多く聞いています。各地域固有の“宝もの”をずっーと受け継いでいきましょう。お世話いただいた皆さんありがとうございます。

 

 

平成30年9月23日有年駅北まちびらきまつり

有年駅北まちびらきまつりであいさつしている明石市長の写真子どもたちが演技している写真

「有年駅北まちびらき」に出席しました。
有年土地区画整理事業によって、昨年は有年駅の橋上化と自由通路が開通し、30年3月には駅北広場が完成、また9月15日にはICOCAが導入されJRの利便性も高まっています。
また、国の補助事業費の増額配分もあり、徐々に“新しいまち”の形が見えてきました。30年度には、駅前ロータリーや駐車場も整備される予定です。
有年駅周辺地区まちづくり協議会など地元の皆さんとしっかり議論して、今後も事業の進捗を進めてまいります。
また当日は、有年地区の保育所、幼稚園、小中学生の皆さんのご協力、JA兵庫西、郵便局など多くの団体による演技や出店など、すばらしい1日をすごすことができました。有年中出身のピアニスト誉田真弓さんや、新進気鋭のピアニスト中村天平さんの演奏会もあって、記念に残る“まちびらき”となりました。皆さんありがとうございます。

 

 

平成30年9月22日第90回学童秋季野球大会(城南緑地野球場)

学童秋季野球大会で選手宣誓をしている写真学童秋季野球大会の試合の様子の写真

第90回学童秋季野球大会が市内全9チームの参加で開催されました。今回で90回という歴史ある記念の大会です。
他団体では、少子化のためチーム構成にも支障をきたす事態もあり、チームが減っている状況もあるとの指導者の弁もあります。
“今、この瞬間”を大事にして、子どもたちの一つひとつの熱心な動作が観覧席を湧かします。
今年は特に暑い夏の中、練習をこなして来た選手の皆さんや、それを温かく熱心に指導いただいた監督、コーチの皆さん、そして家族の皆さんの支えが子どもたちのプレーの中に見えるようでした。
ありがとうございます。

 

 

平成30年9月17日第2回武道交流祭(市民総合体育館)

第2回武道交流祭であいさつしている明石市長の写真大会の様子の写真

大会の様子の写真

9月17日、第2回武道交流祭に寄せていただきました。
異なる武道の模範演武の披露や稽古体験を通じ、幅広い武道の普及、振興を図るとともに、子どもたちの健全育成につなげようということで企画されたと聞いています。
今年は、剣道、武術太極拳が加わり、柔道、少林寺拳法、空手の5つの武道が集結しました。
主に子ども達が中心で、さすが小さな子どもが道衣をまとい、正座している様は何とも可愛いものです。いざ稽古となればたいしたもので、ピリッと“子ども”が“お兄さん”“お姉さん”になります。異なる武道の練習を見たり、交流することは、子どもたちにとって大きな刺激ともなるだろうし、何かしら“気づく”ことも多いことと思っています。
指導者の皆さんありがとうございます。

 

 

平成30年9月16日播州赤穂アコフェス(赤穂城本丸門前)

播州赤穂アコフェスであいさつしている明石市長の写真播州赤穂アコフェスの会場の様子の写真

初めて「アコースティックフェスティバル」に寄せていただきました。
この野外音楽イベントは、3回目で、市民有志からなる「赤穂宵まち倶楽部」が主催しており、今回は沖縄からも参加いただいたそうです。
「楽器を練習している人にとっての発表の場」として、また音楽を聴く人には、「演奏を楽しむ場」になればということで企画されたそうです。
私は、アコースティックなサウンドを愛する人たちの練習成果を披露する場も必要だなと思っています。赤穂城本丸門前は最高です。

 

 

平成30年9月16日有年中学校体育祭

有年中学校体育祭であいさつしている明石市長の写真有年中学校体育祭の写真

9月16日、絶好の体育祭日和です。有年中学校の体育祭に寄せていただきました。
生徒数は市内中学校で最少ですが、その“絆”はすごいです。地域の方々も、我が子のように思い、地域が“子どもたち”を育てる。

「今日は、一生に一回しかありません。1年生は、中学入学初めての体育祭、2年生は、来年の体育祭を仕切る充実の体育祭に、3年生は中学生活総まとめの思い出となる体育祭に・・・・」とあいさつ。

最後までしっかりと悔いなくがんばってください。PTA、地域の皆さん、先生方ありがとうございます。

 

 

平成30年9月15日ICOCAエリア拡大記念式典(JR上郡駅)、ICOCA導入開始式(JR備前福河駅)

JR上郡駅でのICOCAエリア拡大記念式典の写真記念式典でテープカットしている写真

平成30年9月15日、待望のICOCAエリア拡大で山陽本線相生~和気間の4駅と、赤穂線の播州赤穂~長船間の9駅が利用可能となりました。
私は、上郡駅での記念式典で、「定住自立圏を構成する上郡町、備前市とともに、ICOCAのエリア拡大を利用者の拡大につなげ、圏域内外の人の交流の活性化を図っていきたい」とあいさつしました。
また、その後赤穂線備前福河駅でも、地元の「福浦ふっくらcottonボランティア」が中心となって、手づくりの“お祝い会”が開かれ、約110人が参加しました。
尾崎からも「オサテン団」が「ICOCAでイコカ赤穂線」の歌を披露、陣たくんの7歳の誕生日、デニム発祥地の井原市からも、JA兵庫西、かわいい赤穂西幼稚園児の皆さん、地元のお年寄りなど、にぎやかで元気な催しでした。ありがとうございます。

JR備前福河駅でのICOCA導入開始式の写真オサテン団が演奏している写真

 

 

 

平成30年9月13日青年海外協力隊派遣隊員表敬訪問

青年海外協力隊派遣隊員奥田美咲さんと市長の対談の写真奥田さんと明石市長の写真

国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として、10月から2年間の予定でモンゴルへ赴任する作業療法士の奥田美咲さんが市役所においでいただきました。
奥田さんは、県立リハビリテーション西播磨病院での経験を、モンゴルの作業療法士の育成に生かしたいとのことでした。
私は、モンゴルでの生活、言葉、文化など、いろいろなことをしっかり学んで頑張って欲しい。モンゴルでの生活の一端をSNSを通じて発信してほしい旨、お願いしました。
赤穂の方が異国で、大きな目標を抱き活躍することに、自分のことのように嬉しく思いました。健康でがんばってください。応援しています。

 

 

平成30年9月10日クラウドファンディングに関するパートナー連携契約締結

クラウドファンディング連携契約締結式の写真

今回、市では初の試み(県内自治体でも初)として、市内の全体や個人が地域の活性化に寄与する事業に必要な資金を、クラウドファンディングを活用して調達する「赤穂市クラウドファンディング応援事業」を実施しました。地域特化型のクラウドファンディングサービスを行うインターネットポータルサイト「FAAVObyCAMPFIRE」とパートナー契約を締結し連携してまいります。
この事業の第1号の実施者は、高野で農業を営む前川農産の前川勇人さん。前川さんは、お米や餅などの独創的な加工品を販売していこうということです。この事業の立ち上げには、市の戦略プロデューサー西村さんにいろいろな面でご指導を受けました。私は、こうした新しい人の力をまちづくりに生かし、新たなまちおこし、地域の活性化を進めていこうと思っています。


 

平成30年9月3日市内最高齢者夫婦訪問、平成30年9月16日・17日敬老会(塩屋地区、御崎地区、高雄地区)

市内最高齢者夫婦と明石市長の写真

9月3日敬老の日に先だち、市内最高齢のご夫婦を訪問しました。
東有年に住んでおられる平尾静男さん、一枝さんご夫婦です。仕事一途で頑張ってこられた静男さんと、大変若く明るい一枝さん。話がはずんで・・・。おめでとうございます。
塩屋地区ふれあい敬老会の写真御崎地区ふれあい敬老会の写真

高雄地区敬老会の写真

9月16日には、塩屋地区、御崎地区のふれあい敬老会へ、17日には、高雄地区敬老会へ出席させていただきました。おめでとうございます。
長年にわたって家庭や地域を支えながら、生活していくことの喜びや悲しみに彩られたそれぞれの人生を歩んでこられました皆さんに、改めて感謝と敬意を表します。いつまでもお元気で心豊かな人生を過されますように。

敬老会の準備、運営にお世話いただきました地域の皆様ありがとうこざいます。

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課秘書広報係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6873

ファックス番号:0791-43-6822