ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 市長メッセージ(新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等について)

ここから本文です。

更新日:2020年4月15日

市長メッセージ(新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等について)

令和2年4月15日

4月7日、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言がなされ、赤穂市も緊急事態措置の実施区域となっています。
現在のところ、市内では新型コロナウイルス感染者の発生は確認されておりません。しかし、全国的にも感染者が増え、感染経路の不明な症例が増加するなど、予断を許さない状況が続いています。今回の新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐには、人と人との接触を減らすことが重要であると言われています。接触を8割減らすことができれば、1カ月位で事態は収束に向かうとも予測されています。そこで、兵庫県の新型コロナウイルス感染症に係る対処方針を受けて、改めて市民の皆様に次の3つのことをお願いいたします。
1つ目は、外出自粛のお願いです。
「三つの密」である「密閉、密集、密接」が重なる恐れのある行動の自粛をお願いいたします。また、生活の維持に必要な場合を除いて、みだりに外出することを控えていただき、最低7割、極力8割の接触削減にご協力をお願いいたします。ただし、医療機関への通院や食料などの生活必需品の買い出し、事業継続に必要な最小限度の職場への出勤などを制限するものではありません。また、市民生活に必要な施設や公共交通機関、物流は営業を継続いたしますので、憶測やデマに惑わされて大量な買い占めなどは行わないよう落ち着いて行動してください。
2つ目は、在宅勤務などによる出勤者の抑制のお願いです。
在宅勤務(テレワーク)などにより、出勤者を抑制していただき、人と人との接触機会の削減への取り組みをお願いいたします。また、職場での「三つの密」の回避のほか、職場内での換気の励行や発熱等の症状が見られる従業員への出勤免除などをお願いいたします。なお、市役所では、本日15日から正規職員の出勤者数の削減にも取り組んでいます。
3つ目は、一部の事業者の皆様への休業の要請です。
兵庫県では、県内における一層の感染拡大防止に向けて、本日15日から5月6日まで、遊興施設、運動施設・遊戯施設、劇場等、集会・展示施設、商業施設、学校、大学や学習塾などの休業を要請しています。一方で、社会生活を継続するうえで必要な医療施設、スーパー・コンビニなどの生活必需品販売施設、宿泊施設、交通機関、金融機関、官公署、葬儀場、理美容店などについては、事業の継続を要請しています。なお、飲食店におきましては、朝5時から夜8時までの営業で、酒類の提供は夜7時までとすることを要請しています。
今後も、県や関係機関との緊密な連携のもと、地域の医療体制を維持し、感染拡大の防止と市民の皆様の健康を守るために全力で取り組んでまいります。今が感染拡大防止の正念場です。皆様と一丸となって取り組めば、必ずやこの危機を乗り越えることができると確信しております。皆様にはご不自由、ご不便、そして事業者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。力を合わせて共にがんばりましょう。

赤穂市長牟礼正稔

お問い合わせ

所属課室:市長公室秘書広報課秘書係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6870

ファックス番号:0791-43-6822