ホーム > 産業・ビジネス > 産業 > 企業版ふるさと納税

ここから本文です。

更新日:2022年11月15日

企業版ふるさと納税

企業版ふるさと納税とは、民間企業の皆様が、地方公共団体の行う地方創生の取組に対して寄附することにより、税制上の優遇措置を受けることのできる制度です。

本制度を通じ、赤穂市は企業の皆様とパートナーシップを構築しながら、社会課題の解決・地方創生の実現に取り組みます。

ぜひ赤穂市の地方創生の取組にご支援をお願いします。

制度概要

企業の皆様が地方公共団体に対して企業版ふるさと納税として寄附を行った場合、通常の損金算入措置に加え、法人関係税の税額控除が措置されます。

本制度が適用されることにより、例えば、赤穂市に対して企業の皆様が1,000万円寄附した場合、最大約900万円の法人関係税が軽減されます。

企業版ふるさと納税軽減効果

寄附にあたっての主な留意事項

  • 赤穂市内に本社のある企業からの寄附については、本制度の対象となりません。
  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • ご寄附いただいた企業様が、寄附を行うことの代償として、赤穂市から経済的な利益の供与を受けることは制度上禁止されています。ここで禁止される経済的な利益の供与とは、寄附を理由とする補助金の優先交付、契約手続における優遇的取扱い、寄附を活用して整備した施設の専属的利用などです。詳細については、内閣府地方創生推進事務局のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

寄附を募集する事業

『赤穂市まち・ひと・しごと創生推進計画』に掲げる事業

『赤穂市まち・ひと・しごと創生推進計画』に掲げるすべての事業が、本制度の寄附対象となっています。

詳細は、『赤穂市まち・ひと・しごと創生推進計画(PDF:147KB)』をご確認ください。

また、この計画に記載されていなくても、「赤穂市のこの事業を応援したい」、「赤穂市とともにこの社会課題を解決したい」という事業アイデアがありましたら、ぜひご連絡をお願いします。

赤穂市企業版ふるさと納税リーフレット(PDF:1,490KB)

寄附の流れ

企業版ふるさと納税寄附までの手続き

1.ご相談・お申し出

事業の実施にご賛同いただいた企業様は、赤穂市企画政策課までご相談ください。

ご寄附を活用して赤穂市に実施してほしい事業、寄附の払込時期などのご意向を伺い、寄附申出書をご提出いただきます。

寄附申出書様式(ワード:29KB)

2.ご寄付

赤穂市会計管理者口座にご寄附を納入していただきます。

ご寄附の納入方法については、赤穂市の発行する納付書を利用する方法と赤穂市会計管理者口座まで直接お振込みいただく方法があります。

3.寄附受領証

寄附金の入金確認後、寄附受領証をお渡しします。

4.事業実施

寄附金を活用し、地方創生事業を実施するとともに、寄附企業様のご意向を確認の上、企業名などを公表させていただきます。

5.申告のお手続き

寄附企業様に寄附受領証をご使用いただき、税務署で税申告のお手続きをしていただきます。

寄附実績

株式会社ネオス

株式会社ネオスロゴ〒650-0001

神戸市中央区加納町6丁目2番1号神戸関電ビル7階

企業HP:https://www.neos.co.jp/(外部サイトへリンク)

寄附金額:650,000円

 

株式会社ネオスは1950年に神戸市で創業し、化学薬品の製造販売、金属表面処理事業を通じて産業界のベストサポーターを目指して日夜奮闘しています。

社会貢献活動を通じて地域社会に寄与することも常にこころがけており、赤穂市様には赤穂工場を通じてお世話になっていることから、子ども子育て支援活動に昨年から協力しています。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画政策課企画係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6867

ファックス番号:0791-43-6822