ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 赤穂駅周辺整備事業について > 赤穂駅周辺整備株式会社の経営再建について(平成16年4月6日掲載)

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

赤穂駅周辺整備株式会社の経営再建について(平成16年4月6日掲載)

昨年10月末に民事再生の申し立てを行った赤穂市の第三セクター・赤穂駅周辺整備株式会社では、このほど会社再建のための再生計画案を取りまとめました。この再生計画案が認められれば、会社再建に向けて具体的な取り組みが始まりますが、ここではこれまでの経緯や問題点、再生計画案の概要、赤穂市として対応方針などについてお知らせします。

  1. これまでの主な経緯
  2. 民事再生申し立てに至る原因
  3. 再生計画案の概要と赤穂市の対応方針
  4. 今後の予定
  5. 経営再建Q&A

市民の皆さまへ

赤穂市長;豆田正明

プラット赤穂を経営する第三セクター・赤穂駅周辺整備株式会社は、その極めて厳しい経営状況を打開するため、昨年10月末神戸地方裁判所に民事再生の申し立てを行っておりましたが、このたび会社再建のための再生計画案を作成し、同裁判所に提出いたしました。

今後、債権者各位の理解を得てこの再生計画が認可されれば、裁判所の監督の下で会社再建を具体的に進めることになりますが、こうした事態に陥ったことは、赤穂駅周辺整備事業を立案し、整備会社の設立等に関わってきた赤穂市としても大変遺憾であり、市民の皆様に改めて深くお詫び申し上げます。

こうした状況に至った背景には、長引く景気の低迷やホテル棟の建設中断など様々な要因がありますが、整備会社の経営のあり方にも問題があったと考えられますので、整備会社においてこれまでの業務運営を再検証し、役員に対する損害賠償査定の申し立てなどを通じて、その責任の明確化を図ることとしております。

しかしながら、多くの市民や観光客の利便や賑わいの場として「赤穂の玄関口」の灯を消すわけにはいきません。赤穂市としても再生計画に基づく会社再建を支援してまいりたいと考えておりますので、どうか市民の皆様にはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(平成16年4月6日掲載)

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画広報課企画政策係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6867

ファックス番号:0791-43-6822