ホーム > 観光・文化・教育 > 教育 > 学校給食 > 平成28年度学校給食モニタリング事業について

ここから本文です。

更新日:2017年3月14日

平成28年度学校給食モニタリング事業について

1.事業実施の趣旨

赤穂市教育委員会では平成24年度より、児童生徒等のより一層の安全・安心確保の観点から、学校給食における放射性物質の検査を実施しています。

本年度も引き続き、学校給食における放射性物質の有無や量について把握するため、市単独の「学校給食モニタリング事業」として事後検査を実施いたします。

 

2.検査の実施方法等

検査方法

  • 実際に提供した学校給食について、1食全体を検査機関に依頼してゲルマニウム半導体検出器を用いて検査を行う。
  • 1週間(5日間)あたり5検体を検査する。
  • 測定項目は、放射性セシウム134、137とする。
  • 検出下限値は、各1ベクレル/Kgとする。(これ未満は「不検出」として表示)
  • 基準値は、50ベクレル/Kg(一般食品の基準値の2分の1)とする。

 

検査期間

第1回(1学期):平成28年6月20日(月曜日)~平成28年6月24日(金曜日)

第2回(2学期):平成28年10月17日(月曜日)~平成28年10月21日(金曜日)

それぞれの検査期間の翌週月曜日に検査機関へ送付します。

検査機関

一般社団法人全日検全日検理化学分析センター

 

検体を採取する調理場

赤穂市立学校給食センター

 

検査結果の公表

検査結果は、本市ホームページ及び兵庫県教育委員会ホームページ等において公表します。

文部科学省の関連ページ

文部科学省(学校給食における放射性物質の検査結果[都道府県])(外部サイトへリンク)

 

【問い合わせ】

赤穂市立学校給食センター

TEL:0791-48-7151

FAX:0791-48-1540

E-mail:kyusyoku給食センターアドレスcity.ako.ig.jp

注)スパムメール(迷惑メール)対策のため、一部を画像としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。