ホーム > まち・環境 > 環境 > 緑化 > 平成21年度グリーンカーテン観察日記(8月以降)

ここから本文です。

更新日:2011年9月1日

平成21年度グリーンカーテン観察日記(8月以降)

環境課と農林水産課のグリーンカーテン栽培のようすです。

5~7月のグリーンカーテン観察日記はこちら

8月3日

環境課事務室のグリーンカーテンです。

農林水産課の初収穫からは1ヶ月ほど遅れましたが、環境課のゴーヤも初収穫を行いました。グリーンカーテンも大きくなり、ネット全面を覆うほどになりましたので、まだまだゴーヤは収穫できそうです。

 

 

8月5日

今日は市役所本庁以外のグリーンカーテンをご紹介します。

まず、有年土地区画整理事務所のグリーンカーテンです。

こちらでは5月から西側の窓付近にゴーヤを栽培しています。西日を遮ることで遮熱効果が期待でき、ゴーヤもたくさん収穫できているようです。

↓5月11日植え付け時のようす

 

↓6月8日のようす

 

↓ 7月6日のようす ↓

↓ 8月7日のようす ↓

次に、赤穂西公民館のアサガオのグリーンカーテンです。

南側の窓を覆うように栽培しており、昼間の日差しを遮ってくれるそうです。

 

8月6日

市役所南側の農林水産課のグリーンカーテンです。

ゴーヤとアサガオはネットいっぱいに広がり、立派なグリーンカーテンになりました。ゴーヤもたくさん収穫できましたが、中には黄色くなっているものもあるようです。

黄色くなったゴーヤの中には赤い種が入っています。種のまわりの赤い柔らかい部分は甘くておいしいそうです。ゴーヤがたくさんなっている方は来年の種取り用としてわざと黄色くなるまで待つのもいいかもしれません。

 

 

また、市役所南側玄関の市民対話室前では、農林水産課と環境課で採れたゴーヤを配布しています。そのときに採れた分だけなので、数に限りはありますが、興味のある方は是非持って帰って、召し上がってみてください。

8月10日

今日は先週収穫した環境課のゴーヤからゴーヤ茶をつくりました。

ゴーヤ茶の作り方

1.ゴーヤを軽く水洗いし、先端を切り落とし、タテに半分に切ります。

2.中のワタと種をスプーン等で取り除きます。

3.厚さ1mmくらいに薄切りにします。

 

4.日当たりの良い場所で、天日干しをして乾燥させます。

 

5.乾燥させたゴーヤをフライパンで乾煎りします。

 

6.急須等に適量を入れ、熱湯を注いでしばらく待てば完成です。

飲んでみた感想としては、乾煎りしているので思ったほどゴーヤの苦みや青臭さが無く、飲みやすくておいしかったです。

興味のある方は、割と簡単に作れますので挑戦してみてください。

8月25日

市役所南側の農林水産課のグリーンカーテンですが、ゴーヤの収穫もたくさんでき、下の方の葉が枯れてきたので、撤去することにしました。

ここまで立派に育ったグリーンカーテンが急に無くなると、ちょっと寂しい気もしますが、グリーンカーテンの生長する様子や日陰の涼しさ、ゴーヤの収穫、アサガオの咲く様子など、いろいろな楽しみ方をできたと思います。

 

 

環境課のゴーヤも最後の収穫をして、来年用のゴーヤの種をとりました。

来年は苗からではなく、種からの栽培に挑戦してみたいと思います。

 

お問い合わせ

所属課室:市民部環境課 

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6821

ファックス番号:0791-43-6892