ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住民票等の交付申請を自動で受付けます

ここから本文です。

更新日:2016年1月7日

住民票等の交付申請を自動で受付けます

個人番号カードを使って住民票等の交付申請が自動でできるようになります

pc平成28年1月から

市では、市民課窓口で個人番号カードを使って、住民票や印鑑登録証明書などの交付申請を受け付けることのできる窓口専用端末機を設置しています。これは、申請書の記載をすることなく各種証明書を取得できる、たいへん便利なものです。

このサービスを利用するには、個人番号カード(直接、地方公共団体情報システム機構へ申請)の取得(外部サイトへリンク)と、市民課窓口でサービスの利用申請が必要となります。

 

 

まどうけイメージ図

取得できる証明

  • 戸籍の全部事項証明(赤穂市民でかつ赤穂市に本籍を有する人)
  • 戸籍の個人事項証明(赤穂市民でかつ赤穂市に本籍を有する人)
  • 住民票の写し(赤穂市民の人)
  • 住民票記載事項証明書(赤穂市民の人)
  • 戸籍の附票の写し(赤穂市民でかつ赤穂市に本籍を有する人)
  • 印鑑登録証明書(赤穂市民でかつ印鑑登録されている人)

利用申請の受付開始日とサービスの提供開始日

このサービスの利用申請は平成28年1月4日(月曜日)から受付を開始し、登録後は随時ご利用いただけます。

利用場所及び利用時間

市役所市民課

平日 午前8時30分から午後6時(市役所の開庁時間)

(注)機器メンテナンス日は除きます。

サービスを受けるために必要なこと

1.個人番号カードをお持ちの人

登録に必要なものをお持ちになって、市民課で利用申請を行ってください。

2.個人番号カードをお持ちでない人

まず、個人番号カードを取得する手続き(外部サイトへリンク)を行ってください。個人番号カードを取得したのち、このサービスを受けるための利用申請を市民課で行ってください。

(注1)印鑑登録証明書は、赤穂市で印鑑登録をされている方のみ取得できますので、必要な場合はあらかじめ印鑑登録をしてください。

(注2)戸籍証明書(戸籍の全部事項・個人事項証明書)、戸籍の附票の写しは、赤穂市民でかつ赤穂市に本籍を有する人が取得できます。また、除籍及び改製原戸籍は取得できません。

3.住基カードをお持ちで、すでに利用登録をされている人

すでに、住民基本台帳カード(以下、「住基カード」)をお持ちで、市民課でこのサービスを受けるための利用登録をされている人については、住基カードの有効期限まで引き続き利用することができます。

(注1)住基カードをお持ちの人で、これまでこのサービスを受けるための利用登録をされていない人は、新たに利用申請することはできません。個人番号カードを取得したのち、利用申請の手続きをおこなってください。

サービスの利用ができる人

個人番号カードの登録者本人(15歳未満及び成年被後見人はご利用になれません。)

登録に必要なもの

1-1.本人が申請する場合

  • 個人番号カード
  • 認印
  • 本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポート、保険証、官公署発行の免許証等)

(注1)顔写真のない本人確認書類のみの提示の場合は、仮登録になります。照会書をご自宅に郵送したのち、回答書および個人番号カードの持参をもって利用申請の確認といたしますので、即日の登録はできません。

1-2.本人が申請する場合(仮登録後)

  • 個人番号カード
  • 認印

 

2-1.代理人が申請する場合

  • 委任状
  • 登録者の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポート、保険証、官公署発行の免許証等)
  • 代理人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポート、保険証、官公署発行の免許証等)

(注1)代理人が申請手続きをされた場合は、仮登録になります。照会書をご自宅に郵送したのち、回答書の持参をもって利用申請の確認といたしますので、即日の登録はできません。

(注2)申請書の内容をすべて正確に記入できるよう、ご本人に確認のうえ、ご来庁ください。

2-2.代理人が申請する場合(仮登録後)

  • 個人番号カードサービス利用申請等に係る照会書(回答書欄と代理権授与通知書欄に登録者が自筆で記入・押印したもの)
  • 個人番号カード利用暗証番号届出書(登録者が自筆で記入・押印し、封印したもの)
  • 登録者の個人番号カード
  • 代理人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポート、保険証、官公署発行の免許証等)

利用登録の手続き

1.本人が申請手続きをする場合の流れ

個人番号カードサービス利用申請書(様式第1号)と個人番号カードサービス利用暗証番号届出書(様式第2号)に必要事項を記入し、市民課窓口で申請してください。登録者本人が、個人番号カードと印鑑をお持ちいただくと、即日で手続きが完了します。)顔写真のない本人確認書類のみの提示の場合は、仮登録になります。照会書をご自宅に郵送したのち、回答書および個人番号カードの持参をもって利用申請の確認といたしますので、即日の登録はできません。なお、ご本人確認を厳重にするため照会書等は登録者本人の住民登録地以外への郵送はできませんので、ご注意ください。

2.代理人が申請手続きをする場合の流れ

代理人が申請する場合は、登録者本人がすべて自筆で記入した委任状と、登録者および代理人の本人確認書類をお持ちください。代理人による申請の場合、即日の登録はできません。申請後、市民課より個人番号カードサービス利用申請等に係る照会書を送付いたします。なお、ご本人確認を厳重にするため照会書等は登録者本人の住民登録地以外への郵送はできませんので、ご注意ください。また、照会書を郵送する際に、あわせて個人番号カード利用暗証番号届出書と封筒を同封します。封筒は、暗証番号届出書を封印するためのものです。

照会書が届きましたら、登録者は、照会書の回答書欄と代理権授与通知書欄に自筆で記入・押印したものと、封印した個人番号カードサービス利用暗証番号届出書と、個人番号カードを代理人にお渡しください。また、代理人様の本人確認書類も必ず持参してください。照会書等の持参をもって、登録の手続きが完了します。

 

(注1)必要書類に不備や不足があると手続きができませんので、ご注意ください。

(注2)窓口の混雑等により、お待ちいただく時間が長くなる場合があります。

暗証番号の登録

個人番号カードサービス利用暗証番号届出書に、このサービスを利用して交付を希望する証明書等に該当する証明書等の暗証番号を4桁の数字でそれぞれ記入し、職員に渡してください。

代理人による手続きの場合は、封印した暗証番号届出書をそのまま職員に渡してください。職員が暗証番号を登録し、手続きが完了します。

(注1)個人番号カードサービス利用暗証番号届出書は返却できませんので、あらかじめコピーしていただくか、控えを取っていただくようお願いします。

その他の注意事項

(注1)公的個人認証(電子証明書)を申請される方は、別途手続きが必要です。

(注2)このサービスの利用登録に係る手数料は無料ですが、証明書の発行は別途手数料が必要です。

証明書発行手数料

  • 戸籍証明書(全部事項・個人事項証明書) 1通450円
  • 住民票の写し、住民票記載事項証明、戸籍の附票の写し、印鑑登録証明書 1通300円

申請様式等

個人番号カードサービス利用申請書(様式第1号)(PDF:93KB)

個人番号カードサービス利用暗証番号届出書(様式第2号)(PDF:77KB)

委任状(PDF:59KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課戸籍係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6819

ファックス番号:0791-43-6891