ホーム > まち・環境 > 定住へのお誘い > 赤穂に住んでみて-3

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

赤穂に住んでみて-3

櫛田さん

定住者の紹介

平成14年3月の定年退職を期に、20余年を過ごした箕面から、どこか静かで環境の良いところに移り住もうと考えた櫛田夫妻は、それまでに住んだことがある湘南のほか、琵琶湖畔、奈良県、長野県など方々の土地を検討されました。

たまたま、ご長女一家が仕事の関係で赤穂に移り住み、何度か赤穂を訪れるうちに、探し求めていた終の住みかはここしかないとすぐに決断に至ったとのことです。

櫛田さんに赤穂の魅力を尋ねたところ、瀬戸内海国立公園に面する眺望のすばらしさ、温暖な気候と清浄な空気、また、高い建物がほんの一部にしかなく、緑が多く、人々もおだやかで心が癒され、大変住みやすい街だと話して下さいました。道路環境も整備され、渋滞がなく車がすいすい走れるのも大きな魅力だそうです。また、物価が安く、新鮮な野菜や魚、おいしい肉なども身近なスーパーで手に入ることは主婦にとって本当にうれしいと奥様は喜んでおられました。

多くの魅力の中でも特に市の中央を流れる千種川は「たくさんの水鳥が遊び、毎日その表情を変え、いくら見ても飽きることがない」と気に入っていただいており、赤穂での暮らしも4年になる今でも、ほとんど毎日、とりわけ太陽がさんさんと降りそそぐ千種川を渡るたびに、ご夫婦ふたりで口をそろえて赤穂賛美になるそうです。

赤穂での生活は、ご夫婦の趣味である旅行や音楽・絵画鑑賞に出かけたり、可愛いお孫さんたちに囲まれて楽しい毎日を過ごしておられるとのことですが、まだまだ赤穂での知り合いは少なく、寂しく思われることもあるそうです。赤穂へ移住されてきた方たちが、より充実した赤穂での生活を送れるよう、お互いの交流が図れるソサエティーが作られたら嬉しいと語ってくれました。

定住者の紹介トップページへ

お問い合わせ

所属課室:市民部市民対話課

電話番号:0791-43-6812

ファックス番号:0791-43-6810