ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 年金をもらっている人の生計維持確認届、障害状態確認届、現況届の取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2020年3月13日

年金をもらっている人の生計維持確認届、障害状態確認届、現況届の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図る観点から、年金をもらっている人の現況届、障害状態確認届等の届書について、指定期限日までに提出がなかったとしても、当面の間、年金の支払いを差し止めない取り扱いとなりました。

対象となる届書

下記の届書が対象となります。

  • 配偶者または子が加給年金額の対象者となっている人が提出する「生計維持確認届」
  • 障がいの程度の診査が必要な人が提出する「障害状態確認届」
  • 住民基本台帳ネットワークシステムによる現況確認を行うことができない人が提出する「現況届」

これらの届書は、対象となる人に、毎年(障害状態確認届については厚生労働大臣が指定した年)指定期限日までに提出できるように郵送されています。

対象となる期間

令和2年2月末日が指定期限日となる届書から対象となります。

問い合わせ先

ご不明な点があれば、姫路年金事務所(TEL079-224-6382)にお問い合わせください。

 


 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課国保年金係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6813

ファックス番号:0791-43-6891