ホーム > よくあるご質問 > 国民年金 > 20歳になりましたが、学生なので保険料が払えません。どうすればいいですか?

ここから本文です。

更新日:2019年10月16日

20歳になりましたが、学生なので保険料が払えません。どうすればいいですか?

質問

20歳になる誕生月に日本年金機構から「国民年金加入のお知らせ」が送られて来ました。しかし学生なので収入がなく、保険料も払えません。加入する必要がありますか?また保険料をどうすればよいですか?

 

回答

20歳になると国民年金への加入が義務づけられているので、20歳到達時点で厚生年金等に加入されていない人は、自動的に加入の扱いになっています。「国民年金加入のお知らせ」に基礎年金番号などの情報が記載されていますのでご確認ください。

その上で、学生のため保険料を納めることが困難であれば、保険料の学生納付特例制度をご利用下さい。市役所へ、日本年金機構から送付された「国民年金加入のお知らせ」と認印、学生証(写し可)もしくは在学証明書(原本に限る)を持参して手続きして下さい。

なお、国民年金第2号被保険者(厚生年金等加入者)の配偶者である場合は、20歳到達時点から国民年金第3号被保険者に該当する場合があります。この場合、保険料は配偶者の加入する年金制度全体で負担されます。該当の有無については、配偶者の勤務する事業所にご確認ください。

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課国保年金係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6813

ファックス番号:0791-43-6891