ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防広報 > 赤穂高校での防災避難訓練に参加しました

ここから本文です。

更新日:2019年12月26日

赤穂高校での防災避難訓練に参加しました

兵庫県立赤穂高等学校で実施された「令和元年度第2回防災避難訓練」に参加しました。赤穂市内で発生した地震により火災が発生したとの想定で、生徒が安全に避難し、全校生徒が避難後、消防本部消防隊による放水及び救助隊による救出訓練を実施しました。

  • 訓練日時:令和元年12月19日木曜日11時25分から12時25分まで
  • 訓練場所:兵庫県立赤穂高等学校
  • 訓練想定:赤穂市内において震度6弱の地震が発生。地震の影響により化学教室から出火、授業を受けていた生徒2名が逃げ遅れたとの想定で訓練を実施しました。
  • 活動内容(1)消防隊:災害状況を把握して活動方針を決定後、タンク車からホースを2線延長し放水を実施しました。
  • 活動内容(2)救助隊:校舎内に取り残された生徒2名をはしご車で救出後、校舎内に逃げ遅れた人がいないことを確認。その後、余震発生により、隊員1名が懸垂降下で緊急脱出しました。

(注)懸垂降下とは、カラビナと呼ばれる器具に上階から垂らしたロープを巻きつけ、その制動でロープ伝いに地上に降りることをいいます。

訓練風景

校舎に向け放水を行う消防隊員です。

校舎に向け放水を行う消防隊員です。

逃げ遅れた生徒の救出に向かう救助隊です。

逃げ遅れた生徒の救出に向かう救助隊員です。

逃げ遅れた生徒をバスケットに収容し地上へ救出している様子です。

逃げ遅れた生徒をバスケットに収容し地上へ救出している様子です。

余震が発生し緊急脱出する救助隊員です。

懸垂降下により緊急脱出する救助隊員です。

訓練を終えて

消防本部では、兵庫県立赤穂高等学校での防災避難訓練に参加しました。本訓練では、全校生徒による避難訓練のほか、消防本部による実災害を想定した消火・救出訓練を実施し、生徒の防災意識の向上だけでなく、赤穂高校と消防本部が連携した災害対応の構築に繋がったのではないかと思います。今後、万が一災害が発生した際には、本訓練のように、安全、確実、迅速に災害対応に励みたいと思います。

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:神藤

電話番号:0791-43-6883

ファックス番号:0791-45-0119