ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防広報 > 介護老人福祉施設で消防訓練を実施しました

ここから本文です。

更新日:2019年6月3日

介護老人福祉施設で消防訓練を実施しました

介護老人福祉施設で消防訓練を実施しました

介護老人福祉施設「櫂の家」と連携し、施設職員による通報、入所者の避難誘導及び消防本部による消火、逃げ遅れ者の救出救助を想定した実践的訓練を実施しました。

訓練内容

  • 訓練日時:令和元年5月22日(水曜日)8時50分から10時00分まで
  • 訓練場所:介護老人福祉施設「櫂の家」
  • 訓練想定:施設1階厨房から出火。施設内でスプリンクラー設備が作動し、火災は鎮圧状態であるが、施設内は濃煙が充満しており入所者複数名が逃げ遅れている模様。
  • 参加人員:赤穂市消防本部職員27名
  • 参加車両:司令車、ポンプ車、救急車等計6台

訓練風景

訓練現場に出動する消防車両です。

訓練現場に出動する消防車両です。

面体を着装し、進入準備を行う消防隊員です。

空気呼吸器の面体(注)を着装し、進入準備を行う消防隊員です。

(注)面体とは、空気ボンベから空気の供給を受けることで、有毒ガスを吸わないように隊員を守る呼吸用保護具を言います。

施設内に取り残されている要救助者を検索する消防隊員です。

施設内に取り残されている要救助者を検索する消防隊員です。

施設内は濃煙状態を想定しているため、面体に半透明のフィルムを付け、消防隊員の視界を制限しています。

要救助者を救出し、応急救護所まで搬送する消防隊員です。

要救助者を救出し、応急救護所まで搬送する消防隊員です。

救出した傷病者に応急処置を行い、搬送順位を決定する救急隊員です。

救出した傷病者に応急処置を行い、搬送順位を決定する救急隊員です。

逃げ遅れた要救助者を全員救出し、無事訓練を終了しました。

逃げ遅れた要救助者を全員救出し、無事訓練を終了しました。

訓練を終えて

本訓練では、火災発生時の施設職員による通報、入所者の避難誘導及び消防本部による消火戦術、救助方法について確認することができました。

今後も、いつ発生するか分からない災害に備え、様々な訓練を実施していきます。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:神藤

電話番号:0791-43-6883

ファックス番号:0791-45-0119