ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防広報 > 登山を楽しんでいただくために

ここから本文です。

更新日:2019年8月23日

登山を楽しんでいただくために

赤穂市では、登山中の体調不良やけがでの救急要請が年間数件発生しています。

登山を楽しむためにしっかりとした準備をしてから山に登りましょう。

体調は万全ですか。

  • 登山前は休養や食事をしっかりとり体調を整えましょう。
  • 登山には体力が必要となります。日ごろから登山を楽しむために体力をつけておきましょう。
  • 持病を持っている方や体力に自信がない方は入山を控えるなど特に気をつけましょう。

計画をしっかり立てましょう。

  • 炎天下での登山は熱中症の危険があります。日中の暑い時間を避けて登山をしましょう。
  • お一人で登山する場合は有事の際に対処することができません。二人以上での登山をお勧めします。

服装や持ち物は万全ですか。

  • 登山に適した服装や靴を履きましょう。
  • 必ず飲料水を持って行き、こまめに水分をとりましょう。
  • 携帯電話の充電は万全ですか。いざという時の連絡手段として活用しましょう。
  • タオルを持っていきましょう。タオルは汗を拭くだけでなく、水で濡らすと体を冷やすこともできます。
  • その他、雨合羽や帽子等も準備しておきましょう。

熱中症にご注意を

炎天下で長時間行動すると熱中症や脱水症状を起こす危険があります。大量に汗をかいて、水分・塩分の補給を怠ると体温調節が利かなくなり、目まいや手足にしびれが起こり、最悪の場合は意識を失う可能性もあります。

適度に水分補給や休憩をとり、無理のない登山を心がけましょう。また、疲れがたまったら無理をせず、直射日光を避け風通しの良い場所で休憩をとりましょう。

野生生物にご注意を

山にはたくさんの野生生物が生息しています。特にスズメバチは、毎年数十人の死者が発生しており、危険な生物の一つです。万が一刺されたら水で患部を洗い冷やしましょう。

自分で下山することができない場合は救急車を呼びましょう。

もしも登山中に体調不良やけがをしてしまったら

もしも登山中に体調不良やけがをして下山できなくなった場合は、迷わず119番通報しましょう。

  • どこが(何が)調子が悪くなったのかを伝えましょう。
  • 自分がいる場所を伝えましょう。(どこの山の何合目にいるのかなど)
  • 自分が着ている服の色や特徴を伝えましょう。

(注)日中は消防防災ヘリコプターによる救出を行う場合があります。

 

登山道で傷病者搬送訓練をしている救助隊員の様子です。

登山道で傷病者搬送訓練をしている救助隊員の様子です。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:神藤

電話番号:0791-43-6883

ファックス番号:0791-45-0119