ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防広報 > 緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加

ここから本文です。

更新日:2019年11月5日

緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加

令和元年度緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加しました。

令和元年度緊急消防援助隊近畿ブロック訓練が三重県で実施され、兵庫県大隊の一員として訓練に参加しました。

本訓練では、兵庫県大隊の後方支援隊として、各活動隊(指揮隊・救助隊・消防隊)の食事の準備や物資搬送、エアーテントの設営等、様々な任務にあたりました。

(注)緊急消防援助隊とは、被災地の消防機関だけでは対処できない大規模災害時に被災地の要請を受けて活動する部隊のことをいいます。

訓練内容

  • 日時:令和元年10月26日土曜日9時00分から10月27日日曜日12時30分まで
  • 場所:三重県松坂市外
  • 訓練想定:三重県南東部沖を震源とする巨大地震が発生し、東海地方において甚大な被害が発生したとの想定。
  • 参加隊員:赤穂市消防本部後方支援隊(資機材搬送車)2名

訓練風景

進出拠点である名阪上野忍者ドライブインに集結する兵庫県大隊の消防車両です。

進出拠点である名阪上野忍者ドライブインに集結する兵庫県大隊の消防車両です。

(注)進出拠点とは、緊急消防援助隊が被災地に進出する際、被災都道府県または隣接地域内における一時的な進出目標とする場所のことをいいます。

訓練に関する打合わせを行う兵庫県大隊です。

訓練に関する打合わせを行う兵庫県大隊です。

赤穂市消防本部が保有するエアーテントです。

赤穂市消防本部が保有するエアーテントです。

各車両に給油を行う後方支援隊員です。

各車両に給油を行う後方支援隊員です。

夕食の準備を行う後方支援隊の様子です。

夕食の準備を行う後方支援隊の様子です。

日中の活動を終え、夕食を摂りながら打合わせを行う各隊員です。

日中の活動を終え、夕食を摂りながら打合わせを行う各隊員です。

本訓練では、はしご車を使用しての救出訓練も行われました。

本訓練では、はしご車を使用しての救出訓練も行われました。

訓練終了報告を行う兵庫県大隊です。

訓練終了報告を行う兵庫県大隊です。

訓練を終えて

本訓練は、緊急消防援助隊兵庫県大隊の後方支援隊として赤穂市消防本部から2名の隊員が参加しました。近年全国各地で多発している大雨による土砂災害や今後発生が懸念される南海トラフ巨大地震に備えての訓練を行うことができ、非常に有意義なものとなりました。

また、後方支援隊として食事の準備や物資搬送、エアーテントの設営等、様々な任務にあたり、後方支援隊の重要性を再認識するとともに、各活動隊との連携を深めることができました。

今後大規模な災害が発生した際には、本訓練のように迅速に出動準備を行い、被災地で最善の活動が行えるようこれからも訓練を行っていきたいと思います。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:神藤

電話番号:0791-43-6883

ファックス番号:0791-45-0119