マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防組織 > 赤穂市消防団

ここから本文です。

更新日:2011年10月18日

赤穂市消防団

消防団とは、消防職員と異なり消防の仕事を正業とするのではなく、日常はそれぞれの仕事に従事しながら、火災等有事の際には消火、水防など災害防御活動を行い、また平常時は災害に備えて各種訓練や機械器具等の点検業務を行い地域の防火防災活動を行っている団体です。

消防団の組織

赤穂市消防団は団員定数620人で組織され、組織を統括する消防団本部と消火活動など実践活動を行う15個の消防分団により構成されています。

消防団本部団長・副団長
女性部
第1分団 加里屋、上仮屋、山手町等 42人
第2分団 中広、細野町等 40人
第3分団 塩屋、宮前町、大町等 35人
第4分団 新田、大津、西浜北町等 40人
第5分団 木生谷、折方、天和 40人
第6分団 尾崎、さつき町、南宮町等 40人
第7分団 御崎、元塩町、朝日町等 35人
第8分団 坂越 40人
第9分団 高野 27人
第10分団 浜市、砂子、北野中、南野中 35人
第11分団 木津、高雄、周世、中山等 60人
消防団12分団 東有年、有年楢原 40人
第13分団 西有年 40人
第14分団 有年原、有年横尾、有年牟礼 40人
第15分団 福浦 40人

 

組織区分

団本部

消防分団

合計

階級

団長

副団長

女性部

分団長

副分団長

部長

班長

団員

人数

1

5

20

15

15

15

60

489

620

消防出初式


分列行進


放水合戦

消防団放水訓練

お知らせ

阪神淡路大震災の教訓からも地域の人々と密接な連携をもち、それぞれの地域を熟知している消防団の活躍により被害の軽減が図られたことはご存知のことと思います。
「自分たちのまちは自分たちで守る」という消防精神のもと、あなたの大切な人を災害から守り、安全で安心なまちづくりのため、我々消防団員と一緒に活動しませんか。
入団に関する問い合わせは消防本部総務課またはお近くの消防団員まで。

お問い合わせ

所属課室:消防本部総務課 

赤穂市加里屋1120番地120

電話番号:0791-43-6881

ファックス番号:0791-45-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?