ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 住宅用火災警報器

ここから本文です。

更新日:2011年9月1日

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器の設置期限が来ました

消防法 第9条の2(一部抜粋)

住宅の用途に供される防火対象物の関係者は、住宅用防災機器を設置し、及び維持しなければならない。

まだ設置していない皆さま、設置をお急ぎください!

平成23年6月1日から全ての住宅において、住宅用火災警報器が義務設置となりました。

住宅用火災警報器は、警報を鳴らして「逃げ遅れ」を防ぎ、素早い消火活動につなげることで被害を小さくします。

安全・安心な暮らしのために・・・、あなたの大切な家族や財産を火災から守るため、住宅用火災警報器を設置しましょう!

設置してよかった!

そんな事例が、数多く報告されています。 なかには近所の人が警報器の音に気がついて、消防署に通報し、大事に至らなかった事例もあります。

お近くの販売店で購入できます。

住宅用火災警報器は、消防設備事業者はもちろん、ホームセンターや家電販売店などで購入することができます。

NSマーク付きがおすすめです

NSマークの表示されている商品は、消防法令に適合しているものです。購入時の目安にしてください。

電池式はお手軽に設置できます

電池式の住宅用火災警報器は配線作業が不要ですので、簡単に設置することができます。電池寿命は、おおむね10年とされています。

住宅用火災警報器に関するお問い合わせ

消防本部 予防課予防係

電話 0791-43-6882

悪質な訪問販売等に注意してください!

消火器と同様、悪質な訪問販売や点検に関する被害報告が寄せられています。

悪質な例 

※ 「今すぐ取り付けなければならない」「この火災警報器でなければならない」など、内容を偽って強引に販売する。

※ 消防職員に似たような服装で消防職員のふりをして販売する。

消防署や職員が販売または販売を業者に委託することはありません。

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課 

赤穂市加里屋1120番地120

電話番号:0791-43-6882

ファックス番号:0791-45-0119