ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ

徴収の猶予

新型コロナウイルスの影響により、事業等に係る収入が昨年度より大幅に減少された場合において、以下の2つの条件に該当する方は、延滞金なしで1年間の徴収猶予を受けることができます。

1.令和2年2月から納期限までの一定の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

2.一時に納付し、又は納入が困難であること。

(注)猶予期間内途中での納付や分割納付など、事業の状況に応じて納付していただくことも可能です。

対象となる税目

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市県民税、法人市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税など各税目の納期限ごとに、それぞれが申請対象になります。
  • 2月1日以降の納期限であって既に納期限が過ぎている税目についても、遡ってこの特例を利用することができます。

申請の手続き等

  • 関係法令の施行から2か月後(令和2年6月30日)、又は納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに下記の申請書様式に、収入や預貯金の状況が分かる資料を添付のうえ、赤穂市税務課まで提出してください。(事情により資料の添付が難しいと認められる場合には、口頭によりおうかがいします)
  • 申請には以下の書類が必要となります。下記よりダウンロードしてご利用ください。
    ・徴収猶予申請書
    ・猶予の申請額が100万円以上の方は財産目録と収支の明細書
    ・猶予の申請額が100万円未満の方は財産収支状況書
    ・令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していることがわかる書類
    (個人であれば給与明細や預金通帳の写し、法人であれば売上帳や預金通帳の写しなど)
    ・一時に納付不可・困難とわかる書類
    (個人の場合は預金通帳の写し、法人の場合は預金通帳の写しや現金出納帳など)
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止・窓口混雑緩和の観点等から、できるだけ郵送での提出にご協力ください。

地方税特例猶予申請書(提出用)(エクセル:61KB)

財産目録、収支の明細書(エクセル:60KB)

財産収支状況書(エクセル:33KB)

地方税特例猶予申請書(記入例)(PDF:148KB)

Q&A(PDF:91KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課徴収係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

担当者名:大隅

電話番号:0791-43-6805

ファックス番号:0791-43-6892