ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革 > 第5次行政改革大綱(平成17~19年)

ここから本文です。

更新日:2011年12月9日

第5次行政改革大綱(平成17~19年)

市では、第4次行政改革大綱に引き続き、平成17年度から3ヵ年を計画期間とした第5次行政改革大綱を策定しました。
本市の財政状況は、平成11年度以来連続する市税の減収に加え、国の三位一体改革の影響などにより一段と厳しさを増していますが、深刻な財政状況のなか、「水とみどりにつつまれた歴史文化交流都市 赤穂」の実現に向け、多様化する行政ニーズへの対応と市民サービスの質の向上を図りながら、行財政改革を進め、赤穂市の行財政体質の強化、充実を図ることが必要であると考えております。
この大綱は、地方分権の推進や社会経済情勢、社会環境の著しい変化により地方行政の役割が増大している中、限られた財源で最大の効果をあげるために徹底した財政構造の改善に努め、健全な財政構造の再構築を推進していこうとするものです。
大綱の概要は、次のとおりです。

基本方針

社会経済情勢の変化に柔軟な対応をしつつ、市民サービスの質の向上と健全な財政構造の再構築を推進します

取組期間

平成17年度から平成19年度までの3ヵ年間

重点事項

1.市民との協働による円滑な行政運営の推進

  • (1)公正の確保と透明性の向上
  • (2)市民と行政との協働によるまちづくり
  • (3)行政サービスの向上

2.効率的で効果的な行財政運営の推進と財政の健全化

  • (1)歳入の確保
  • (2)徹底した事務事業の見直し
  • (3)経費の節減合理化
  • (4)給与の適正化の推進
  • (5)公有地の有効利用
  • (6)公共工事等の見直し
  • (7)公債費の抑制

3.組織機構の簡素合理化と人材育成

  • (1)簡素で効率的な組織体制の推進
  • (2)職員の意識改革と能力向上

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部行政課行政係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6850

ファックス番号:0791-43-6892