ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防広報 > 救助工作車を更新しました

ここから本文です。

更新日:2021年4月21日

救助工作車を更新しました

平成13年から20年間大切に使用してきた救助工作車を令和3年3月に更新しました。

救助工作車を前から見た写真

 

救助工作車を横から見た写真

新車両はバス型ワイドハイルーフキャビンを採用し、室内高は約1.8m以上あり、出動中の車内で安全装備品などの着装が容易になり、安全かつ迅速な現場活動が行えるよう工夫しています。

また、ウインチ・クレーン及び照明装置を備え、さらに最新式の救助資機材を積載し、さまざまな災害現場にも対応できる仕様となっています。

車両のデザインについては、職員から「市民の皆様に親しまれる消防」をイメージしたものが良いとの意見が多数あり、赤穂市の市木である「桜」をモチーフにしたデザインを両側面に配しました。

また、文字やラインは反射素材を多く採用し、夜間の視認性を高め、安全な現場活動ができるようにしました。

救助工作車の赤色灯を点灯した写真

 

救助工作車を夜に撮った写真

これから資機材の取扱い訓練を重ね、赤穂市の安全と安心を守るため、4月15日から運用開始しています。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:装備担当係長:藤本、志水

電話番号:0791-43-6883

ファックス番号:0791-45-0119