ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 小規模飲食店等(150平方メートル以下)に消火器の設置が義務化になります。

ここから本文です。

更新日:2018年12月13日

小規模飲食店等(150平方メートル以下)に消火器の設置が義務化になります。

2019年(平成31年)10月1日から、火を使用するすべての飲食店等に消火器の設置が義務化されます。

平成28年12月22日に発生した糸魚川大規模火災を受けて、平成30年3月28日に消防法施行令が改正され、飲食店等における消火器具の設置に関する基準が見直されました。

改正内容

現在、飲食店等においては、延べ面積150平方メートル以上のものに消火器具の設置が義務付けられているところ、今回の改正により、火を使用する設備又は器具を設けた飲食店等(防火上有効な措置が講じられたものを除く。)については、延べ面積にかかわらず、消火器具の設置が義務付けられます。

詳しくは下記のファイルをご覧ください。

消防法施行令の一部を改正する政令等の公布について(消防予第246号通知)(PDF:231KB)新しいウィンドウで開く

消防法施行令の一部を改正する政令等の運用について(消防予第247号通知)(PDF:85KB)新しいウィンドウで開く

ただし、火を使用する設備又は器具によっては、消火器具の設置免除になる場合があります。


改正概要リーフレット

小規模飲食店等の消火器具設置義務化リーフレット(一般社団法人日本消防設備安全センター(違反是正支援センター))(PDF:933KB)新しいウィンドウで開く

shoukibotirasi

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課 

赤穂市加里屋1120番地120

担当者名:予防係

電話番号:0791-43-6882

ファックス番号:0791-45-0119