ホーム > 施設案内 > 観光施設 > 旧上水道モニュメント

ここから本文です。

更新日:2012年7月10日

旧上水道モニュメント

赤穂で最初に上水道を整備したのは池田家の代官・垂水半左衛門で、慶長19年から元和2年(1614~1616)の3年
かけ、高雄の切山隧道を掘り抜いて千種川の水を取水し、導水路を引いて城下に水をもたらしました。
城下に入った上水道は、地下を網の目のように走り、城内や町家の家々に各戸給水されました。
町を歩くと今もすの遺構のモニュメントや町家の井戸(汲出桝)が残っています。
これが天下に誇る日本三大上水道の一つ、赤穂上水道です。

施設情報

住所 赤穂市加里屋
アクセス 電車:JR播州赤穂駅よち徒歩3分
車:山陽自動車道赤穂ICより約15分
その他 赤穂市加里屋42-7「赤穂バザール」の前

旧上水道モニュメント

お問い合わせ

所属課室:建設経済部産業観光課観光係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6839

ファックス番号:0791-46-3400