ホーム > 施設案内 > 観光施設 > 大石良雄宅跡長屋門

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

大石良雄宅跡長屋門

浅野赤穂藩の家老、大石家3代の屋敷の長屋門で、屋敷は畳数にして308畳の広大な邸宅でした。浅野内匠頭の刃傷事件の際、その知らせを持って早かごで駆けつけた早水藤左衛門、萱野三平が実際に叩いたのもこの門です。享保14年(1729)、建物の大半が火災に遭いましたが、長屋門だけが焼失をまぬがれ、その後建て替え等を経て数少ない江戸時代建築として現在も城内に残っています。

施設情報

住所 赤穂市上仮屋129
アクセス 電車:JR播州赤穂駅より徒歩約15分
車:山陽自動車道赤穂ICより約10分
その他 見学自由

大石邸長屋門

お問い合わせ

所属課室:建設経済部産業観光課観光係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6839

ファックス番号:0791-46-3400