ここから本文です。

更新日:2019年6月25日

受動喫煙

望まない受動喫煙を防ぎましょう

たばこを吸う人も、吸わない人も、たばこの危険性について考えてみませんか。

たばこについて

どうしてたばこは身体に悪いの?

たばこの煙にはたくさんの有害物質が含まれており、がんや心筋梗塞など様々な病気の原因になります。

受動喫煙って何?

他人のたばこの煙を吸わされていることを「受動喫煙」といいます。

たばこの有害物質は、ただよう煙に多く含まれているため、受動喫煙は、健康を害する危険度が高くなります。

望まない受動喫煙を防ぎましょう。

20歳未満の方、妊婦さんは特に注意!

子どもの身体は大人に比べて、たばこの有害物質の影響を受けやすいため、受動喫煙によって肺機能の低下や中耳炎、乳幼児突然死症候群(SIDS)など深刻な影響を受ける可能性が高まります。

また妊娠中は、喫煙や受動喫煙により、流産や早産、低出生体重児の出産のリスクが高まります。

禁煙を考えているあなたへ

禁煙に遅すぎることはありません。「禁煙してみよう」と思った時が、禁煙の開始時期です。

赤穂市民病院では、禁煙外来を行っています。禁煙外来とは、たばこをやめたい人のための専門外来のことです。

禁煙治療は、一定の条件を満たした喫煙者であれば、保険適用のもとに受けることができます。

詳細については、赤穂市民病院までおたずねください。

禁煙外来に関する問い合わせ

赤穂市民病院内科外来(完全予約制)

電話番号:0791-43-3222

FAX番号:0791-43-8465

メールでのお問い合わせは、赤穂市民病院ホームページの「お問い合わせ」フォームまで

「受動喫煙の防止等に関する条例」(兵庫県条例)が改正されました

条例の詳細については、兵庫県ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

不特定多数の人が出入りする空間は禁煙となりました

7月1日より市役所庁舎等、市の施設においても敷地内・建物内での喫煙を禁止します。

屋外喫煙場所を設けている施設もありますので、各施設でおたずねください。

対象施設(例) 規制内容 施行時期

児童館

保育園、幼稚園

小学校・中学校・高等学校

病院、診療所など

施設内・建物内のすべてを禁煙

敷地の周囲も喫煙を制限

令和元年7月1日

市役所など

施設内・建物内のすべてを禁煙

屋外喫煙場所設置は可能

令和元年7月1日

物品販売業

金融機関

飲食店など

建物内のすべてを禁煙、当該施設の区域内禁煙など

施設によって規制内容は異なります。

令和2年4月1日

たばこの煙から保護する方として、20歳未満の方だけでなく、妊婦さんも対象となりました

妊婦さん自身が気を付けること

喫煙区域に入らないようにしましょう。

喫煙はしないようにしましょう。

子どもの保護者や周囲の人達が気をつけること

子どもを喫煙区域に入らないようにしましょう。

子どもがいるところでは、喫煙しないようにしましょう。

公共的空間を有する施設だけではなく、私的空間も規制区域となります

20歳未満の方と妊婦さんの受動喫煙を防止するため、以下の場所においても喫煙が禁止となります。

20歳未満の方及び妊婦さんと同居する住宅の居室内

20歳未満の方及び妊婦さんと同乗する自動車の車内

その他、20歳未満の方及び妊婦さんに受動喫煙を生じさせる場所

加熱式たばこについては、紙巻きたばこと同じ取り扱いです

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健センター 

兵庫県赤穂市南野中321

電話番号:0791-46-8701

ファックス番号:0791-46-8705