ホーム > 産業・ビジネス > 経営支援 > 新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証制度4号(自然災害等)の認定について

ここから本文です。

更新日:2020年9月18日

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証制度4号(自然災害等)の認定について

概要

この制度は、自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障が生じている中小企業者への資金供給の円滑化を支援するための国の制度です。この認定を受けることで、一般保証とは別枠の信用保証(保証割合100%)を利用することができます。このたびの新型コロナウイルス感染症の影響により、全国47都道府県が指定地域となりました。

指定期間:令和2年2月18日から令和2年12月1日まで

内容(保証条件)

  • 保証割合:100%保証
  • 保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円

認定要件

(1)赤穂市において1年以上継続して事業を行っていること。
(2)新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、当該感染症の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

必要書類

(1)中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定申請書
(2)売上高等計算表(中小企業信用保険法第2条第5項第4号)
(3)委任状(金融機関による代理申請の場合)
(4)法人(個人)の実在確認書類人の場合:法人謄本(履歴事項証明書)又は抄本(現在事項全部証明書)など人の場合:確定申告書の写しなど

<共通>

 

<通常様式>

 

<創業後1年未満の場合や1年前から店舗増加や事業内容の変更により単純比較できない場合>

1.創業者等運用緩和様式(最近1ヵ月と最近3ヵ月を比較する場合)

2.創業者等運用緩和様式(令和元年12月と比較する場合)

3.創業者等運用緩和様式(令和元年10-12月と比較する場合)

 

認定申請から発行までの流れ

認定申請は金融機関による代理申請が原則となりますので、まずは融資を受ける金融機関にご相談ください。

なお、申請いただいてから認定書の発行まで数日かかります。

市の認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

注意事項

認定書の有効期限は原則30日となっておりますが、令和2年1月29日から7月31日までの間に取得した認定書については、有効期限が同年8月31日となりました。

認定後に認定内容と異なる事実が判明した場合は、認定書が無効になる場合があります。

認定基準を満たしていることを確認できるよう、売上高等計算表を必ず提出してください。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業振興部商工課商工係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6838

ファックス番号:0791-46-3400