ホーム > まち・環境 > 環境 > 兵庫県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定状況について

ここから本文です。

更新日:2014年2月26日

兵庫県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定状況について

大気汚染物質の微小粒子状物質(PM2.5)について、兵庫県では大気自動測定機により県下39箇所で状況を常時監視しています。

次のリンク先で、測定値及び注意喚起状況を確認することができます。

 

微小粒子状物質(PM2.5:Particulate Matter 2.5)とは

大気中に浮遊している粒子状物質のうち、概ね2.5マイクロメートル以下の微小粒子のこと。肺の奥深くまで入りやすく、ぜん息や気管支炎などの呼吸疾患や循環器系へ影響を与えると考えられています。

 

PM2.5環境基準

環境省は、下記のとおりPM2.5の環境基準を定めています。(環境基準とは、人の健康や生活環境を保護する上で、維持されることが望ましい基準として定められているもの。)

PM2.5環境基準(平成21年9月9日環境省告示第33号)

  • 1日平均値…1立方メートル当たり35マイクログラム以下
  • 1年平均値…1立方メートル当たり15マイクログラム以下

 

(参考)
※1マイクログラム:1ミリグラムの1000分の1の重さ(塩粒1粒の約100分の1の重さ)
※1マイクロメートル:1ミリメートルの1000分の1の長さ(髪の毛1本の約50分の1の太さ)

 

問合せ先

兵庫県農政環境部環境管理局水大気課
TEL:078-362-3285
FAX:078-362-3966

お問い合わせ

所属課室:市民部環境課 

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6821

ファックス番号:0791-43-6892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?