マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

児童扶養手当

児童扶養手当は、父又は母と生計をともにできない児童が養育されている家庭の安定と自立を助けるために、児童の父又は母若しくは父母に代わってその児童を養育している人に支給されます。

その児童が18歳に達する日以降の最初の3月31日を迎えるまでの期間(特別児童扶養手当を受給、または同等の障がいの程度がある児童は20歳未満)支給されます。

支給対象

1.父母が婚姻を解消した児童 離婚
2.父又は母が死亡した児童 死亡
3.父又は母が政令で定める重度の障がいがある児童 障がい
(障がいの程度は国民年金法及び厚生年金法による障害等級の1級、身体障害者福祉法による障害等級の1級及び2級にほぼ相当)
4.父又は母の生死が明らかでない児童 行方不明
5.父又は母から1年以上遺棄されている児童 遺棄
6.父又は母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けている児童 DV
7.父又は母が法令により1年以上拘禁されている児童 拘禁
8.母が婚姻によらないで出産した児童 未婚

注)ただし、児童が児童養護施設等に入所している場合など、受給できない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

児童扶養手当と公的年金の併給について

これまで、公的年金等を受給されている方は児童扶養手当を受給することはできませんでしたが、平成26年12月以降は公的年金等の受給額が児童扶養手当額より低い場合は、その差額分を受給することができるようになりました。

新たに児童扶養手当を受給するためには申請が必要ですので、子育て健康課までお越しください。

所得による制限限度額

扶養親族等の数

受給者本人

扶養義務者等

全部支給

一部支給

0人

190,000円

1,920,000円

2,360,000円

1人

570,000円

2,300,000円

2,740,000円

2人

950,000円

2,680,000円

3,120,000円

3人

1,330,000円

3,060,000円

3,500,000円

4人

1,710,000円

3,440,000円

3,880,000円

5人

2,090,000円

3,820,000円

4,260,000円

注)受給者が父又は母の場合には、本人や児童が受け取った養育費の8割相当分を所得に算入します。

児童扶養手当の支給月額

(平成29年4月1日~)

対象児童数

全部支給

一部支給

1人

42,290円

42,280円~9,980円

2人

9,990円加算

9,980円~5,000円加算

3人以上

1人につき5,990円加算

5,980円~3,000円加算

支給月

4月・・・12月~3月分

8月・・・4月~7月分

12月・・・8月~11月分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部子育て健康課こども支援係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6808

ファックス番号:0791-45-3396

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?