ホーム > まち・環境 > 環境 > 環境調査・統計 > 海域水質調査結果

ここから本文です。

更新日:2021年8月27日

海域水質調査結果

調査地点一覧・語句説明

 

海域調査地点 

 古池沖

ページの先頭へ戻る

 大津川河口

ページの先頭へ戻る

 江見ノ鼻

ページの先頭へ戻る

 江見ノ鼻沖

ページの先頭へ戻る

 松ノ鼻

ページの先頭へ戻る

 取揚島

ページの先頭へ戻る

 千種川河口

ページの先頭へ戻る

 御崎港

ページの先頭へ戻る

 御前岩

ページの先頭へ戻る

 放水口地先

ページの先頭へ戻る

 生島沖

ページの先頭へ戻る

 語句説明(環境省、国土交通省ホームページより引用)

pH(水素イオン濃度)

水の酸性・アルカリ性を表す指標。中性は7。数字が小さいほど酸性度が高い。

BOD(生物化学的酸素要求量)

水中の有機汚濁物質を分解するために微生物が必要とする酸素の量。値が大きいほど水質汚濁は著しい。

COD(化学的酸素要求量)

水中の有機汚濁物質を酸化剤で分解する際に消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもの。値が大きいほど水質汚濁は著しい。

SS(浮遊物質量)

水中に浮遊または懸濁している直径2mm以下の粒子状物質の量のこと。SSが高いと濁りの程度が高いことを示す。

DO(溶存酸素量)

水に溶解している酸素の量。水生生物の生息に必要であり、数値が大きいほど良好な環境。

E-coli(大腸菌群数)

大腸菌及び大腸菌と性質が似ている細菌の数のこと。、水中の大腸菌群数は、し尿汚染の指標として用いられる。

TB(濁度)

水の濁りの程度を表すもの。

Cl-(塩化物イオン濃度)

塩化物イオンは水中に溶解している塩化物の塩素分のこと。水中で分解されたり、沈殿したりすることなく水中にとどまっているので排水の混入や希釈度の指標となる。

NH4-N(アンモニア性窒素)、NO2-N(亜硝酸性窒素)、NO3-N(硝酸性窒素)

土壌や、水、植物中のあらゆる場所に存在。発生源は施肥、家畜排せつ物、生活排水等多岐に渡る。富栄養化の原因となる。

PO4-P(りん酸性りん)

水中にりん酸イオンとして溶けているりんの量。水生生物の増殖が進む富栄養化の原因のひとつ。生活排水などが主な供給源。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部環境課環境係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6821

ファックス番号:0791-43-6892