ホーム > 暮らし・手続き > 選挙 > 引越しをしたら住民票を移しましょう

ここから本文です。

更新日:2020年10月20日

引越しをしたら住民票を移しましょう

住民票の異動届は正しく行われていますか

進学や就職などで引越しをされた方は、原則、現在住んでいる寮・アパート等が住所地になります。

住民票は、選挙人名簿などの各種の登録や行政サービスにつながる大切な情報ですので、忘れずに移しましょう。

選挙で投票する場所は、原則として住民票のある市区町村です。市外から転入した方で、住民票を移していない、または住民票を移して3か月経過していない場合は、赤穂市で投票できません。引越して3か月経過していない時に選挙がある場合は旧住所地の期日前投票や不在者投票が利用できます。

また、外国に引越した場合、在外選挙制度により外国にいても日本の国政選挙で投票することができます。

注記:都道府県(市区町村)の選挙においては、当該都道府県(市区町村)の区域外に転出した方は当該選挙の投票はできません。

投票制度や、住所異動の届出については、以下のホームページをご参照ください。

お問い合わせ

所属課室:選挙管理委員会  

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6846

ファックス番号:0791-43-6892