ホーム > 市政情報 > マイナンバー制度 > マイナンバーカード(個人番号カード)の申請・交付手続きについて

ここから本文です。

更新日:2022年7月11日

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請・交付手続きについて

お知らせ

マイナンバーカードの交付には、事前予約が必要です。以下の予約サイトからご予約ください。

マイナンバーカード交付予約サイト(外部サイトへリンク)

マイナンバーカードとは

  • 氏名、住所、性別、生年月日、顔写真等が記載されており、顔写真付の本人確認書類としてお使いいただけます。
  • 裏面には12桁のマイナンバーが記載されていますので、本人確認とマイナンバーの確認が同時にできます。
  • 電子証明書の機能が搭載されていますので、e-Tax等の申請や、コンビニエンスストアで住民票などの証明書が取得できます。

マイナンバーカードの申請・交付手続きの流れ

1.交付申請書を作成する

郵送で申請される場合

通知カードをお持ちの方は、通知カード下側のマイナンバーカード交付申請書を使用します。ただし、氏名や住所等に変更があり、通知カードに記載されている情報と住民基本台帳の情報が異なる方は使用できませんので、ご注意ください。

通知カードについているマイナンバーカード交付申請書の様式(PDF:317KB)

マイナンバーカード交付申請書をお持ちでない方や、氏名、住所などの変更により通知カード下側のマイナンバーカード交付申請書が使用できない方は、市役所で発行する申請書か手書き用の交付申請書を使用してください。

手書き用の交付申請書の様式は、個人番号カード総合サイト(外部サイトへリンク)のリンク・ダウンロードページに掲載されていますので、そちらからダウンロードしてお使いください。

市役所で発行する申請書が必要な場合は、ご本人様または同じ世帯の方が本人確認書類を持参のうえ、市民課窓口までお越しください。

なお、マイナンバーカードの申請には顔写真が必要になります。市民課でも交付申請用の写真撮影サービスをしておりますので、必要な方はご利用ください。

オンラインで申請される場合

スマートフォン等のカメラでご本人の顔写真を撮影し、交付申請書にあるQRコードを読み取り、必要事項を入力したうえで申請してください。

申請時受付方式で申請される場合

事前予約と必要書類を揃えていただく必要があります。

詳しくは、申請時来庁方式のページをご覧ください。

2.申請する

申請用紙を記入したら、通知カードに同封されていた返信用封筒に申請書を入れて郵送してください。または、スマートフォン・パソコンによるWEB申請を行ってください。

申請いただいてから一定期間経過後、交付通知書(はがき)がご住所あてに届きます。

多くの人がマイナンバーカードの申請をされた場合、「マイナンバーカード交付通知書」を送付するまでに相当期間を要することが予想されます。ご理解のほどお願い申し上げます。

3.交付申請書が届きます

交付通知書(はがき)が届いたら、事前に受け取り時間帯をご予約ください。予約方法は、下記の予約サイトまたは電話・窓口などで受け付けています。(マイナンバーカードの交付手続きは、1件当たり10分から15分程度かかります。)

マイナンバーカード交付予約サイト(外部サイトへリンク)

交付予約の流れ

4.予約の日になったら

下記の必要な持ち物を持参し、予約した時間帯に、市役所市民課にご本人がお越しください。

ご持参いただいた書類を確認の上、マイナンバーカードを交付します。
窓口の混み具合やシステムの不具合等により、お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。また、予約した時間にお越しになられてない場合は、キャンセルとさせていただきます。

必要な持ち物

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 本人確認書類(下記参照)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)

本人確認書類とは次の書類です

  1. 住民基本台帳カード(顔写真付きのものに限る)、パスポート、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可証のうち1点(以下、本人確認書類1という)
  2. これらをお持ちでない人は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点(以下、本人確認書類2という)
    (例)健康保険の被保険者証、医療受給者証、介護保険の被保険者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、預金通帳、社員証、学生証、市民病院・中央病院の診察券など、

代理人交付について

ご本人が病気、身体の障害、その他やむを得ない理由により、交付場所にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます。

申請方法につきましては、ご本人がしていただくのと同様です。

必要な持ち物

  • 交付通知書(あらかじめ暗証番号を記入し、目隠しシールを貼付ておいて下さい)
  • ご本人の本人確認書類(下記参照)
  • 代理人の本人確認書類(下記参照)
  • 代理権者の確認書類
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)
  • ご本人の出頭が困難であることを証する書類
    (例)診断書、本人の障害者手帳、本人が施設に入所している事実を証する書類

ご本人の本人確認書類とは

本人確認書類1を2点、または、本人確認書類1,2をそれぞれ1点ずつ、または、本人確認書類2からそれぞれ3点うち写真付きを1点以上

申請者本人の顔写真付きの本人確認書類がない場合は、特定の方のみ「個人番号カード顔写真証明書」を本人確認書類の1つとしてご利用いただけます。

個人番号カード顔写真証明書をご利用できる方

(1)入院または介護老人福祉施設等への入所中の方

病院へ入院・施設へ入所している方の個人番号カード顔写真証明書(PDF:49KB)

注意:上記様式に申請者ご本人の顔写真を貼付し、病院・施設長等の署名又は記名・押印を受けることで本人確認書類の1つ(顔写真証明書)にできます。

(2)ケアマネージャーによる在宅介護を受けている方

在宅で保険医療・福祉サービスを受けている方の個人番号カード顔写真証明書(PDF:55KB)

注意:上記様式に申請者ご本人の顔写真を貼付し、介護支援専門員(ケアマネージャー)及びその所属する事業者の長の署名又は記名・押印を受けることで本人確認書類の1つ(顔写真証明書)にできます。

(3)15歳未満の方

15歳未満の方の個人番号カード顔写真証明書(PDF:47KB)

注意:上記様式に申請者ご本人の顔写真を貼付し、法定代理人が署名をすることで本人確認書類の1つ(顔写真証明書)にできます。

代理人の本人確認書類とは

本人確認書類1を2点、または、本人確認書類1,2からそれぞれ1点ずつ

代理権者の確認書類とは

法定代理人の場合

戸籍謄本その他資格を証明する書類
(ただし、本籍地が赤穂市の場合は不要。成年後見人の場合は、登記事項証明書または3ケ月以内の選任審判書と確定証明書)

任意代理人の場合

委任状等、ご本人が代理人を指定した事実を確認できる資料
(交付通知書(はがき)の委任状欄に記入することで足ります。)

暗証番号について

代理人交付の場合、事前に下記の4つの暗証番号をお決めいただき、交付通知書にご記入のうえ、その上から付属の目隠しシールを貼付てください。

  1. 署名用電子証明書暗証番号(英数字6文字以上16文字以下)
  2. 利用者証明用電子証明書暗証番号(数字4桁)
  3. 住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)
  4. 券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)

2,3,4は同じ番号とすることができます。

手数料

  • 初回発行手数料は無料です。(ただし紛失などによる再交付には800円の手数料がかかります。電子証明書の再交付にはさらに200円の手数料がかかります。)

マイナンバー総合フリーダイヤルは、
0120-95-0178(無料)
通話可能な時間は、
平日:9時30分から20時00分、土曜日・日曜日・祝日:9時30分から17時30分

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課戸籍係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6819

ファックス番号:0791-43-6891