マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 保険料の免除制度について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

保険料の免除制度について

第1号被保険者が、病気やけが、失業、所得の減少などで保険料を納めるのが困難なとき、届け出または申請により、一定の要件をみたせば保険料の納付が免除または猶予される制度があります。免除または猶予を受けるための申請期間は過去2年分と当該年度分です。

1.法定免除

つぎのいずれかに該当するときは、届出により、該当期間の保険料が全額免除されます。所得審査等はありません。

1.障害基礎年金、障害厚生(共済)年金の1級・2級を受給しているとき

2.生活保護法による生活扶助を受けているとき

3.国立ハンセン病療養所などに入所しているとき

免除を受けた期間は、年金受給資格期間に算入され、年金額には免除期間の2分の1の期間が算入されます。

 

2.申請免除

第1号被保険者(学生を除く)は、申請により、申請者本人・配偶者・世帯主の前年所得(1月~6月に申請したときは前々年所得)が一定基準以下であれば、所得に応じ、下記のいずれかの納付免除を受けることができます。(前年の所得基準は個人により異なりますので、詳しくは年金担当へお問合せ下さい。)免除の申請・承認期間は7月から翌年6月の1年間です。毎年7月に更新が必要です。

免除の種類

保険料
全額免除

0円

4分の3免除(4分の1納付)

4,090円

半額免除(2分の1納付)

8,170円

4分の1免除(4分の3納付)

12,260円

 

免除を受けた期間の取扱い
  • 年金受けるための受給資格期間に算入されます。(全額免除以外は、免除された残りの保険料を納付した期間に限ります)
  • 年金額には、全額免除は2分の1、4分の3免除は8分の5、半額免除は4分の3、4分の1免除は8分の7が算入されます(平成21年4月以降)
  • 全額免除以外の一部免除が承認された人は、承認を受けてから10年以内は保険料を後から納める「追納」ができますが、追納の承認を受けて2年を経過すると、当時の保険料額に加算がつきますので、余裕ができたら早めに追納していきましょう。(追納の申込は姫路年金事務所へ)

 

3.納付猶予制度

20歳から50歳未満の第1号被保険者(学生を除く)が保険料の納付が困難なとき、申請により、申請者本人と配偶者の前年所得(1月~6月に申請したときは前々年所得)が一定の基準以下であれば、保険料の納付が猶予される制度です。申請・承認期間は7月から翌年6月の1年間です。毎年7月に更新が必要です。

猶予された期間は年金受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。猶予の承認を受けてから10年以内は保険料を後から納める「追納」ができますが、追納の承認を受けて2年を経過すると、当時の保険料額に加算がつきますので、余裕ができたら早めに追納していきましょう。(追納の申込は姫路年金事務所へ)

4.学生納付特例制度

学生であるため保険料の納付が困難なとき、申請により、本人の前年所得(1月~6月に申請したときは前々年所得)が基準(118万円)以下であれば、在学中の保険料納付が猶予される制度です。申請・承認期間は4月から翌年3月の1年間です。毎年4月に更新が必要です。

猶予された期間は年金受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。猶予の承認を受けてから10年以内は保険料を後から納める「追納」ができますが、追納の承認を受けて2年を経過すると、当時の保険料額に加算がつきますので、余裕ができたら早めに追納していきましょう。(追納の申込は姫路年金事務所へ)

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課年金担当

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6820

ファックス番号:0791-43-6891