マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > 牟礼まさとしの『礼に始まり、礼に終わる』 > 令和3年度牟礼まさとしの『礼に始まり、礼に終わる』

ここから本文です。

更新日:2021年6月20日

令和3年度牟礼まさとしの『礼に始まり、礼に終わる』

 【6月】緊急事態宣言の解除について

令和3年6月20日

市民の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。
兵庫県では緊急事態宣言が6月20日に解除され、神戸・阪神間などの15市町が7月11日まで、まん延防止等重点措置区域となりました。赤穂市は措置区域外となりましたが、飲食店等には午後9時までの営業時間短縮(酒類の提供は午後8時まで)などが要請されています。
新規感染者数は減少しつつありますが、変異株の影響などにより感染再拡大も懸念されておりますので、引き続きご不自由とご不便をおかけしますが、感染防止対策をよろしくお願いいたします。
ワクチン接種につきましては、予約の電話がつながりにくかったり、接種時期が遅れたりするなど、市民の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。接種を希望される高齢者の方々が7月末までに2回のワクチン接種が受けられるよう、接種日時の前倒しに取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
なお、現在予約されている日時と場所での接種も可能ですので、その際は、お手数ですが、コールセンターまで「現在の予約のまま希望する」旨のご連絡をお願いいたします。詳細は『新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場の開設について』をご確認ください。
また、64歳以下の方々へのワクチン接種券の発行及び接種につきましても、鋭意取り組んでまいりますので、ご理解をいただきますようよろしくお願いいたします。

 【5月】緊急事態宣言の再延長について

令和3年5月31日

市民の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。
5月末までを期限としていました緊急事態宣言は、兵庫県を含む9都道府県で6月20日までに再延長されました。緊急事態宣言発令から1か月余りで、県内での新規感染者数は減少傾向にあるものの、依然として病床利用率等は高い水準で推移しており、医療提供体制は厳しい状態が続いています。この度、赤穂市民病院では、皆様に安心していただけるよう、新型コロナ感染症患者の入院病床を10床に増床して、新型コロナ感染症患者の受け入れ対応を強化いたしました。今後も関係機関との連携を図り、医療提供体制の確保に努めてまいります。
また、高齢者の方々へのワクチン接種につきましては、医師会をはじめ各医療機関のご協力のもと、迅速な接種に取り組んでいるところですが、予約受付では電話の混雑などでご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。今後は、様々な事情で予約ができていない方々へのフォローを行っていくとともに、65歳未満の方々への早期接種に向けて準備を進め、速やかな情報提供に努めてまいります。
市民の皆様には、再度の緊急事態宣言の延長で大変なご不便とご苦労をおかけしますが、マスク着用などの感染防止対策を徹底していただき、感染のリバウンドを防ぐために感染リスクの高い行動を控えていただきますよう、改めてご協力をお願い申し上げます。

 【5月】緊急事態宣言の延長について

令和3年5月10日

市民の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。
緊急事態宣言は、5月11日までの期限が5月31日までに延長され、対象地域も新たに愛知県、福岡県を加えて6都府県に拡大されました。これにより、赤穂市を含む兵庫県全域において、一部の施設やイベント等で要請の緩和などはありますが、引き続き不要不急の外出や路上・公園等での飲酒の自粛、飲食店等の休業・営業時間短縮などが要請されています。
県内の感染状況は、入院者数や自宅療養者数が過去最多を更新するなど、依然として医療提供体制のひっ迫が懸念されています。また、赤穂健康福祉事務所管内の新規感染者数は、直近1週間が前週の数を上回っている状況にあり、今後も感染拡大防止に向けた取組みを徹底していくことが大切です。
市民の皆様には、長期間にわたって大変なご不便とご苦労をおかけし、日常生活にも大きな影響があることと思いますが、引き続き一人ひとりが「うつらない・うつさない」の強い思いで行動していただきますよう改めてお願い申し上げます。
また、高齢者のワクチン接種の初回予約につきましては、予約上限に達しましたので、一旦、受付を終了させていただきました。受付の集中等により、予約ができなかった方々には深くお詫び申し上げます。なお、次回の予約受付は、5月24日の週に再開を予定しており、詳細につきましては、改めてホームページや広報等でお知らせさせていただきます。高齢者全員分のワクチン総量は確保されていますので、皆様のご理解とご協力を重ねてお願いいたします。

 【4月】緊急事態宣言の発令について

令和3年4月25日

市民の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご理解とご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の急拡大を受けて、兵庫県をはじめ、東京都、大阪府、京都府に緊急事態宣言が発令されました。
赤穂市を含む兵庫県全域において緊急事態措置として、4月25日から5月11日までの間、外出の自粛やイベントの開催制限、飲食店等の休業などの要請が行われました。
引き続き、市民の皆様には、不要不急の外出の自粛など感染防止対策の徹底をお願いいたします。さらに、事業者の皆様には、酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等の休業、また、それ以外の飲食店等の午後8時までの営業時間短縮などにご協力をよろしくお願いいたします。
3度目の緊急事態宣言となり、皆様には大変なご不自由とご苦労をおかけしますが、大型連休を迎える今が頑張り時です。医療提供体制を守り、一人ひとりの命を守るためにも、一丸となってこの緊急事態を乗り越えていきましょう。改めまして皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 【4月】新型コロナウイルスワクチン接種について

令和3年4月22日

市民の皆様には、常日頃より新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力いただき、心より感謝申し上げます。
兵庫県は、県内の1週間平均の新規感染者数が過去最多となるなど、感染が急拡大していることから、国へ緊急事態宣言の発出を要請しました。これからの大型連休を控え、医療提供体制を守るためにも、市民の皆様には今一度の感染防止対策の徹底をお願いいたします。
また、65歳以上の方々への新型コロナウイルスワクチン接種については、高齢者施設でのクラスター発生を抑止する観点から、介護老人保健施設などの高齢者施設に入所の方々を優先して接種することといたします。
その他の65歳以上の高齢者の方々へは、5月10日からの予約受付を開始し、5月24日から赤穂すこやかセンター、赤穂市民病院、赤穂中央病院の3会場での集団接種開始を予定しております。
接種券については、4月22日に発送いたします。なお、詳細は、『65歳以上の新型コロナウイルスワクチン接種について(PDF:276KB)』でご確認ください。
ご予約の受付では大変な混雑が予想されます。ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ワクチン接種を希望される方々へのワクチン総量は確保されますので、慌てることなく確実なご予約をお願いいたします。

 【4月】感染防止対策徹底のお願い

令和3年4月5日

市民の皆様には、常日頃より新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力いただき、心より感謝申し上げます。
緊急事態宣言の解除後、新規感染が再び急拡大し、1府2県の6市が、まん延防止等重点措置実施区域に指定されました。兵庫県では、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市が4月5日から5月5日までの間、飲食店等の営業時間短縮などが要請されています。
赤穂市は、対象地域とはなっておりませんが、大人数・長時間の飲食の自粛など、これまでと同様に感染防止対策を徹底のうえ、一人ひとりが「うつらない・うつさない」の思いで行動していただきますようお願いいたします。市民の皆様には、ご不自由、ご不便をおかけしておりますが、第4波をこれ以上に大きな波としないよう、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

 【4月】新年度のごあいさつ

令和3年4月1日

市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染防止対策にご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。現在、新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向けて準備を進めており、準備が整い次第、皆さまに順次ご案内してまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
さて、令和3年度を迎え、2030赤穂市総合計画がいよいよスタートします。4月12日発行の広報あこう予算特集号で、本年度の主な施策の大要と予算のあらましを紹介しております。清流千種川、国史跡赤穂城跡、忠臣蔵や2つの日本遺産などの多様な自然・歴史資源を大切に保存、活用しながら、さまざまな事業を通じて本市の魅力発信や交流を創出し、皆さまと一緒になって「自然と歴史に育まれ顔と希望あふれる力のあるまち」を目指していきたいと考えております。
また、9月1日には、市制施行70周年という記念すべき節目を迎えます。70年の歩みを振り返るとともに、未来も希望にあふれた明るいまちであり続けられるよう願い、新型コロナウイルス感染防止対策に努めながら、さまざまな記念事業を実施してまいります。
未来への確かな展望を次代へ引き継いでいくために、「はばたけ未来へ穂」を合言葉に笑顔と希望にあふれる1年としていきたいと考えておりますので、皆さまの一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市長公室秘書広報課秘書係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6870

ファックス番号:0791-43-6822