ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 自己負担限度額の適用

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

自己負担限度額の適用

申請案内

  • 低所得者II・・・同一世帯の世帯主及び国保被保険者が市民税非課税の人(低所得者I以外の人)
  • 低所得者I・・・同一世帯の世帯主及び国保被保険者が市民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人


注)自己負担限度額の適用を受けるには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。
この減額認定証は、入院時の食事代の標準負担額の減額認定を兼ねています。

こんなときに

  1. 入院や高額の外来診療を受けたとき、又は受けるとき
  2. 更新するとき

申請に必要なもの

1. 印鑑
2. 保険証

3.

高齢受給者証

4. 書類A
+(長期該当申請のとき)
5. 90日以上の入院が確認できるもの(領収書など)

6.

振込口座の分かるもの
+(差額支給申請のとき)
5. 領収書
6. 振込口座の分かるもの

申請手順

申請書(ワード:18KB)をご記入のうえ、上記の必要なものと一緒に、国保医療係(市役所1階4番)の窓口まで提出してください。

申請所要時間(期間)

20分

手数料

無料

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課国保医療係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6813

ファックス番号:0791-43-6891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?