ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療費助成 > 福祉医療費支給申請(移)

ここから本文です。

更新日:2017年7月1日

福祉医療費支給申請(移)

支給申請案内

高齢期移行助成制度で1か月にかかった医療費が下記の表の自己負担限度額を超えた場合は、申請をしていただくと限度額を超えた分の払戻しが受けられます。

負担割合・自己負担限度額

誕生日が昭和27年7月1日以降の人

区分

負担割合

入院を含む世帯限度額

外来

外来+入院

区分II
(市町村民税非課税世帯で、本人の年金収入を加えた所得が80万円以下であり、かつ日常生活動作が自立していないとされている人(介護保険の要介護度が2以上))

2割

12,000円

35,400円

区分I
(市町村民税非課税世帯で世帯全員に所得がない人(年金収入80万円以下、かつ所得がない人)

2割

8,000円

15,000円

 

誕生日が昭和24年7月1日以降から昭和27年6月30日以前の人

区分

負担割合

入院を含む世帯限度額

外来

外来+入院

区分II
(市町村民税非課税世帯で年金収入80万円以下、もしくは年金収入を加えた所得が80万円以下である人)

2割

12,000円

35,400円

区分I
(市町村民税非課税世帯で世帯全員に所得がない人(年金収入80万円以下、かつ所得がない人))

2割

8,000円

15,000円

誕生日が昭和24年6月30日以前の人

区分

負担割合

入院を含む世帯限度額

外来

外来+入院

区分II
(市町村民税非課税世帯で年金収入80万円以下、もしくは年金収入を加えた所得が80万円以下である人)

2割

8,000円

24,600円

区分I
(市町村民税非課税世帯で世帯全員に所得がない人(年金収入80万円以下、かつ所得がない人))

1割

8,000円

15,000円

また、コルセットなどの治療用装具を作ったとき、あんま・マッサージ・はり・灸を受けたとき、県外の医療機関等で受診したときは、高齢期移行受給者証が使用できませんので、申請により後から還付いたします。

こんなときに

  • 1か月にかかった医療費が自己負担限度額を超えたとき
  • 兵庫県外で受診したとき
  • 医師の指示により、コルセットなどの治療用装具を作ったとき
  • 医師の指示により、あんま・マッサージ・はり・灸を受けたとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 高齢期移行受給者証
  • 印鑑
  • 領収書
  • 振込口座の分かるもの
  • 福祉医療費支給申請書
  • 医師の意見書(コルセットなどの治療用装具)
  • 装具装着証明書(コルセットなどの治療用装具)
  • 医師の同意書、施術証明書(あんま・マッサージ・はり・灸)
  • 保険者発行(国保加入者を除く)の療養費支給決定通知書(コルセットなどの治療用装具、あんま・マッサージ・はり・灸)

申請手順

福祉医療費支給申請書に必要事項をご記入のうえ、申請に必要なものを添えて医療介護課(市役所1階4番の窓口)まで提出してください。

申請所要時間(期間)

15分程度

手数料

無料

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課国保医療係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6813

ファックス番号:0791-43-6891