ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 介護保険 > 要介護認定の流れ

ここから本文です。

更新日:2015年4月9日

要介護認定の流れ

サービスを利用するためには、市役所に申請して「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。

1.申請

サービスの利用を希望される場合は、本人または家族が、市の介護保険係窓口・在宅介護支援センターに要介護認定の申請をします。

申請は居宅介護支援事業者や介護保険施設にも依頼することができます。

2.訪問調査

調査員が訪問し、心身の状態や食事・入浴・排泄などの日常生活動作を本人や家族などから聞き取り調査します。それをもとにコンピューターによる一次判定を行います。

3.主治医の意見書

市は、主治医に本人の医学的見地からの意見書の作成を依頼します。

主治医がいない場合は、市の指定医の診断を受けることになります。

4.審査判定

介護認定審査会で、訪問調査結果と主治医の意見書をもとに介護が必要かどうか、どの程度の介護が必要であるかを総合的に審査判定します。

5.認定結果の通知

市は判定結果に基づいて要介護の認定を行い、本人に通知します。認定の効力は申請日までさかのぼります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療介護課介護保険係

兵庫県赤穂市加里屋81番地

電話番号:0791-43-6947

ファックス番号:0791-43-6892